2019年12月16日

友人を偲び

   若かりし頃
 木曽路は私にとっては思いで深い土地、たじまや.jpgはじめてここを訪れたのは高校時代、夏休みに友人と出掛け妻籠と馬籠に泊ったが、それ以来何度となく訪れた場所。
 その友人との思い出の宿が但馬屋、前の日に妻籠の生駒屋で泊まり、馬籠峠を越えてこの但馬屋に泊った。
 その時はまだ街道ブームでもなかったから、泊り客は少なく我々と別のグループだけ、確か7、8人の泊り客であったと思う。
 当時は馬籠宿も静かな所で、特に夜になると人の声が遠くからでも聞こえて来る静けさ、そんな状態であった。
 今では考えられない位の静けさで、表を歩く下駄の音が遠くから聞こえてもしたが、宿は賑やかであった。
 それは夕食後、但馬屋のご主人が炉端で木曽節を教えてくれたから、それも政調木曽節、今詠われているものとは少し違い、テンポも遅く哀愁に満ちた歌い方。
 それを懐かしい炉端で聞くから、一層の旅心を誘い、今でもあの時の木曽節は頭の中にこびりついている。

 その後、この但馬屋は何度となく通い、特に思い出のある部屋は街道に面した西の角部屋、ここ部屋で友人3人とよく泊まった。
 角部屋であるから西の窓から下に伸びる街道が良く見え、秋などは夕日の落ちるのをジックリと眺めていたのを思い出す。
 そんな友人の一人が若くして癌で逝ってしまい、彼が生前病が治ったらまた旅をしようと言っていたが実現しなかった。
 彼がこの宿に来たかったのだと、そんな思いで12月には彼を偲びこの宿に泊まる事にしているのだが、この所少し遠退いているから、今年こそ行く事にしている。
 12月は暇な時期だから、角部屋も予約すれば取れると思う、あの部屋から彼を偲び夕日を見たいと思っている。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記