2020年01月15日

どんど焼き

    無病息災
 1月15日、小正月とも云う日、正月も終わり年かみさま.jpg神様を迎えた飾り物を焼くどんど焼きの日、全国的に見ればこの日がどんど焼きの日である。
 このどんど焼き、左義長と呼ばれ古くから宮中で執り行われる儀式、平安時代には既にこの儀式が行われていたようで、清涼殿の東庭に3本の青竹を立てて、其れを束ね扇子を飾り短冊を燃やしたと言われる。
 これは、毬杖(ぎっちょう)と言う杖を持ち、馬に乗ってこの杖で玉を転がして遊んだ事に由来、その毬杖を3本立てて青竹の先に扇子を飾り、短冊を燃やした。
 3本の毬杖(さんぎっちょう)から、左義長となったといわれるが、その他の説もあるが、何時の頃より左義長の字が当てられたのかは不明。
 鎌倉時代にはこの様な儀式は庶民に伝わり、吉凶を占う儀式とした定着、江戸時代に入り現在のような正月の飾り物を持ち寄り、青竹で3本の柱を立てて燃やした。
あかたき.jpg
 全国にこの左義長の儀式は存在するが、所により様々な風習が生まれ、現在に至っており、日にちも1月ではなく、2月や3月に行う所もあり、違った儀式となったようだ。
 私の居る尾張地区は1月15日に行われていたが、最近では其れに近い日曜日に行われるようになったが、左義長の風習は子供たちにも伝え、地元の伝統を守っている。
 当日は地区地区で色んな物を持ち寄ったり、主催者側からの提供で餅以外の食べ物も提供され、子供たちの正月の楽しみとなってもいる。
 地域の集いとして、余興が行われるように、大きな舞台も作り上げ、この日一日地域住民の交流の場所ともなり、本来の吉凶を占う儀式から少し変化をきたしているがこれも流れであろう。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記