2020年01月18日

二週間の戦い

   追い込みに
SANY1116.JPG
 瀬戸の雛巡り、今年も始まるが準備が大変な事に、毎年の事であるから慣れてはいるものの、そんなに簡単な事ではない。
 毎年毎年、違う展示方法を取ってはいるが、中々変化を付けるのは難しいもの、しかしこれがまた難しい問題。
 どのように変化をつけるのかは頭の中、実際に行うは大変な事になり準備が必要、例えば毛氈一つとっても寸法が違う。
 準備段階ではぴたりと収まるはずが、イザやってみるとこれがはまらないので、四苦八苦して収めようとする。
 そんな事で時間が費やされ、計画通りに進む事はなく、焦りの状態が続く事に、焦っても仕方がないとは思っているが、思う通りにはならないのだ。
 展示場所も多くある事が問題を大きくするし、事がうまく運ばないと尚更の事進まない事に、そんな事の繰り返しで一日が過ぎ、日は一日、一日と迫って来、展示物もなかなか決まらず、これまた四苦八苦の状態。
 何でこんな事になるのかと考えるが、当初計画した通りに進まないのも何時もの事、誰かの一言でまたまた焦る事に。
 「何時もの事だから、上手く行かなくて当然、それで良いのだ」と、その上「上手く行く方が怖い」ともスタッフは言うのだ、毎年、展示したものは写真に収めているから、それを見て変化を付けているのだが、展示箇所が多くともなると中々の事難しい。SANY1914.JPG

 私がヘルニアであまり動けず、昨年展示物を片付ける事が出来ず、人にお願いしたから尚更の事、何処に何が在るのかサッパリ分からない状態。 普通は御殿飾りはセットにして自分で片づけるのだが、それがなされていないから、今年は一つ一つ探しては展示する事になり、時間ばかりが掛かってしまった。
 その上、違う部品が紛れ込み、御殿が組み立てられない始末、その部品を探して他の御殿飾りを調べなけれはならない。
 今までにこんな事はなかったもので、自分で片付けなかった事を後悔して、作業が中断する事に、その都度イライラがたまる。
 こんな事をしていて果たして期日までに展示が出来るものなのか心配で頭が一杯、そのせいか間違いをしでかす事も屡々。
 踏んだり蹴ったりの毎日、しかし時間はないので後戻りも出来ず、前に進むしか方法はなく、厄介な事がまだまだヤマズミ状態、厄介な御殿の部品探しもはじまり、何処に行った事やら、程々嫌になったりもする始末。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記