2020年04月05日

ランドセルなのに

   新しいデザイン
SANY1369.JPG
 新学期が近いので孫のプレゼントを探しに瀬戸市内へ、何か変わった物は無いのかと2、3軒見て歩いたが見つからず、久し振りに焼きそばを食べに何時もの店に。
 市内ではここが1番好きな店、本当は隣にあった福助と言う店が良かったが、閉店してしまい今はこの店に通っているのだが、飯時は相変わらず混んでいる。
 この店は持ち帰りも多く、店の前は行列が出来るので、電話での注文も多いと聞く、確かに電話で注文した人が焼きそばを受け取って帰って行く。
 混んでいる時は店の前で待つしかないが寒い、夏は暑いし、冬は寒いが皆この焼きそばを待っても食べるのだと、そんな人で何時も満員となる。
 店は20人も入れば超満員、隣との隙間もないくらいに狭くて、食べるのにも注意して食べないと、しかし皆黙って食べているから、味には文句がないからだ。
 そんな焼きそばを食べ、再び孫のプレゼントを探す、どんな物が良いのかとキラクターグッツのある店に行き、色々と物色したがやっぱりピンとこない。

 現代のキャラクターものは何故か面白くないと、何だかんだしている内に久米邸に戻ってきてしまい、何しに行った事やらと悔やむ事仕切り、すると久米邸の主人が、「戸田さん面白い物がありますよ」と言って何やら持って来たものが陶器、孫のプレゼントに陶器はナイト思った。SANY1386.JPG
 箱から出した物を見て、一瞬面白いと直感、箱から出てきたのは陶器でできたランドセル、それも可愛いくて小さなもの、これはイケると。
 色合いも非常に良い物、特に陶器で今までこんな形の物はなかったように思う、それで手にとってよく見ると貯金箱になっているのだ。
 ランドセルの貯金箱、これは面白いと思い、値段を聞くと思っていたよりも安くて、それでいて子供を引き付ける魅力のあるものだ。
 貯金箱とは面白く、プレゼントに何か面白い物と考えていただけに、このランドセルの貯金箱は新学期には「棚ぼた」だと思った。
 普通貯金箱であれば、キャラクター物とか定番のポスト型、後は動物ものとかで、この様な意表を突いた品物は中々ない。
 ちょっとしたアイデア、若い女性が考案した物だと聞く、これなら家の孫もきっと喜ぶだろうと、早速購入したが、後からプレゼント用にラッピングしなければならない。
 それにしても一寸したアイディアで貯金箱も面白いものに変身するものだと感心する事仕切り、やっぱり頭のやわらかい人は考え出すのもユニークだ、それにしても新学期が出来るのか。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記