2020年05月05日

端午の節句

   時代によりSANY1237.JPG
 端午の節句は男の子の祭り、子供の成長を願て行われる行事、もともとは中国渡来の文化、古く宮中に渡来した行事、それが武家に伝わり当初のものとは別物となり発達する。
 武士が台頭してから、次第に端午の節句は厄払いの儀式を経て、武家の儀式と発展し、武者飾りを飾り、形式化して行く。
 江戸時代に入り世の中が安定するに従い、武家の端午の節句が鎧や旗差しものなどで飾り、武運長久を願ったと言われている。
 それが何時しか子供の成長を願ったものとなり、さらに武者飾りが発達し、人形えと変化して行くが、庶民もそんな武家の仕来りを真似、武者飾りはないので旗差しものの代わりに鯉のぼりを立て、旗差しもののかわりとした。
 これが鯉幟の始まり、鯉は縁起の良い生き物、中国古来の故事には鯉が滝を登り龍になったとの伝説から、鯉が掲げられるようになった。
SANY1590.JPG
 我が家の武者飾り、古いものは親父の5月飾り、明治時代の古いもので我が家の家紋入り、造りは昔ながらの和紙で造られ、その上から漆を掛けて仕上げてある。
 昔の飾りとしては大きくて、70センチの高さがあり、堂々とした雰囲気を持っているもの、もう一つは友人が貰ったくれと言って持って来たもの、実際の鎧兜を小型化したもので、鉄板で造られており、作法通りに造られた鎧兜である。
 本物の小型であるので重さも10キロを越している。
ずっしりとした重さの鎧兜、これを出す時には本物の鎧兜はさぞかし重いだろうと、そんな感覚で飾りを完成させている。
 時代が変わればその飾り物も変わる、現代では流行があり、毎年別のものが売り出されていると言う、武者飾りも変わったものだとつくづく思う。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク