2020年05月11日

案外古いもの

   見た目よりも古い
DSCN1145.JPG
 古時計が何時造られたものなのか、古時計愛好家ならずとも知りたいと思う人も多いと聞く、よく言われるのには見た目。
 古時計には時代の流と言うものがあり、流行とも言われているが、それは時代の流れとも一致している。
 時計の製造も時代の流れに敏感に反応していると、今の自動車の形と同じ、時代によりデザインが変化して行く。
 古時計にもそんな時代と一致しているとも、だから色々な時計を見ていると実感して来るが、それが全部であるとは言えない。
 それは私も色々な時計を見て来て実感したもの、形が似ているから同じよう新しい物と思ってしまう事もあった事。
 しかしよく調べて見ると意外な事が分かった来て、新しいものでは無いのではとの疑問が、形こそ昭和のものだと思えても。
DSCN1148.JPG

 実際はもっと古い物ではないのかと、そんな時は機械形式から調べて見るのも、機械も当然だが時代によって変化している。
 その為に形こそ新しいものだと見えても、意外と古い時計であったと言う事もあり、やはり先入観だけではダメと言う事。
 以前に私の先輩の人から、「この時計は昭和のものだね、古くはないものだよ」と言われ、私もそのように思っていた。
 ある時、偶然にも同じ時計を見る機会があり、その時計の機械を見て、自分の持っている時計も古い物だと思うように。
 それは見せて貰った時計の機械に刻印が押されており、非常に見にくいが薄っすらと確認でき、家に帰ったから調べてみた。
 以前から持っていたトレードマークのコピー、勿論明治村の学芸員が調べてくれたものだが、その中に今日見た刻印を発見。DSCN1151.JPG

 今まで気が付かなかったが、明治30年代に登録されていたもの、昭和だと思っていた時計が、少なくとも大正時代であると言う事だ。
 今回の古時計もそれに該当するもの、会員の田中コレクションの中から見つけたカレンダー付の時計、一見新しいものに見えるが。
 何気ない普通の頭丸型の掛時計、一般的には昭和の時計に見えるが、文字盤を開けて見ると機械に刻印がある。
 よく見ると林の刻印に見え、「KT」が図案化され菱形に囲まれたマーク、このマークは林時計が明治時代に登録したものだ。
 後で調べて見たら、明治43年に登録されたトレードマーク、少なくともこのマークは大正時代までは使われていた、一見昭和に見えてしまう、カレンダー付掛時計、実は大正時代のものである証拠、外形からだと昭和の時計だ、やはり形だけでは製造時期を誤解してしまう、製造させた時期を間違えしてまう事に、ジックリと見極めなければならないと思う。













posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計裏話