2020年06月26日

きゅうりの値段

   どちらが安い
 我が家DSCN2306.JPGで毎年栽培しているキュウリ、プランターでの栽培であるがよく育ち、なかなかの収穫で朝の食卓に上るのだ、新鮮さが売りもの。
 今年も去年より収穫は落ちるが、新鮮なキュウリが取れているが、ここえ来て収穫が出来なくなっており、今年はこれで終わりかも知れない。
 今年の苗は昨年の苗よりも出来が良くなかったよう、昨年は多くのキュウリが収穫でき、沢山食べれたが今年は少ない。
 勿論プランターでの栽培だから、プランターの土も入れ替え、肥料も規定量を与え、去年と同じ状態で栽培したのであるが、出来が今一つである様だ。
 色々と考えたが去年の苗と今年の苗とは違いがあったようで、幾ら同じ苗でも同じ収穫があるとは限らないもの、それが自然であると思う。
 そんな話をしていると友人が、「キュウリなど栽培するより買ってきた方が早い」と、その上「手間をかけてまで栽培するようなものではない」と言うのだ。

 確かに彼の言う通りかも知れないが、スーパDSCN2307.JPGーで買ってくるキュウリと家で栽培したキュウリと比べれば、はるかに家で栽培したキュウリが旨い。
 するとまた友人「手間をかけて幾ら収穫するのか」、「何本収穫出来るのか」と言い出し、そして幾らお金が係ったのかとまで言い出した。
 面倒な栽培をして、幾らかの収穫をしても、その手間を考えたら遥かに買った方が安いと、現実の話をするのだが、確かに買った方が安いに決まっている。
 手間と時間を考えたらその方が生産的、しかし彼の言う安いからではなく、美味しいキュウリが食べられると考えるべきと思うから栽培している。
 友人、趣味だからそれはそれで良い、しかし少し位旨いキュウリより、安い方が良い、手間暇かけるのが面倒だと、確かに言う通りだが今年のキュウリ、写真の物が最後のようだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記