2020年07月30日

版画と同じ

   同じですかDSCN2084.JPG
 我が家の玄関にある時計、ある人が我が家を訪れてその時計を見つけ、何処かで見た事のある時計だと言い出し、考え込んでいる。
 この人、何度か我が家を訪れているのに今更と思いつつ、何処で見たのかと聞けば、記憶にないが見た事があると言い、また考え込んでいる様子。
 この人も古時計には興味はない人で、今まで時計の話をしたことがなく、何で今なのかと思ったが考えているからそのままにしていた。
 すると突然、ネットで見たと思い出したよう、ネットに出品されている版画を偶然見たと言い、記憶にあったらしく、玄関の時計を見て突然思い出したと言うのだ。
 この人らしく、今までさんざん見て来た時計なのに、その時は気にも留めなかった時計を突然思い出すとは暢気な人だ。
DSCN0298.JPG
 確かに我が家を訪れる人の殆どは、古時計が掛けてあっても気にしていない人が多く、掛けてある時計自体見ていないようだ。
 興味が無いとはそんなもの、何かの機会に突然思い出し、今まであった事を知らなかったとも言う、そんな事は日常茶飯事でもある。
 しかしこの人が興味を何故持ったかと言うと、ある人にネットで見た版画の時計がある筈がないと言われたからだと、その時計が目の前にあったから驚いたとも言うのだ。
 この時計、別に珍しくもなく、良くある時計だし、何年も前から我が家に置いてある時計、しかも我が家に来れば嫌でも目に入る時計、それなのに今まで気付かないとは、そんな人の言う事だから尚更、人とは自分では興味はないが人から言われれば気になるらしいが、勝手なものだと痛感する。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク