2020年08月08日

メンソレータム

   忘れていたSANY2492.JPG
 企業物の腕時計、メンソレータムから出されたもの、以前にも紹介したがその後何処にしまったものなのか分からなかったのだ。
 先日、撮影の為部屋を片付けなければならず、仕方なしに物を片付けている時、小さな段ボールを見つけ中を見る事に、自分でも何を入れたか忘れていた。
 何時もの事だが撮影があるたびに部屋を片付けており、それ以外は片付けはしなくて、部屋は座る場所すらない状態で、如何しても片付けなければならない時だけ整理するらだ。
 自分の部屋は何時も手の届く所に物を置いており、あまり片付けずてないから、座る場所すらない状態が常である。
 そんなドタバタの時に限って片付けるから、何を何処にしまったか覚えておらず、何時も物を探しているのが現状、人からも良く言われる、片付けたらと。

 今回見つけたものは5、6年前に仕舞い込んだものSANY2500.JPGで、すっかりある事も忘れていたもの、改めて見ると新鮮さを覚えるから不思議、いい加減なものだ。
 このメンソレータムの腕時計、プラスチック製のデジタル時計、電池も切れており動いておらず、時計だとは分からないものだ。
 一見、本物のメンソレータムにしか見えないが、蓋をあければ中には時計が仕組まれているもの、玩具みたいな時計である。
 それが又良く、手に入れた時には面白いと思った事を覚えているが、人は子供の玩具だと厳しい見かたをするのだ。
 しかし私には珍しい時計としか見えず、人がなんと言おうが大事にしている時計、それが又久し振りに顔を出したのだ。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記