2020年09月05日

やはり運

   結論は
 古時計を集め出してDSCN2364.JPGから50年、未だに手に入らない時計が数々あるが、この先もこれ等の時計は手に入らない様に思う、それは何だろうか。
 長年古時計と向き合っていると相性みたいなものを感じる事があり、それが今までに何度となくあったように思うが、それは何なのか分からない。
 古時計は何処に行ったらあると言うものでもなく、何処から出て来るものなのか、それも出合い次第、出会いが無ければ古時計は手に入らない。
 しかし出会ったとしても、それが自分の手元に入るかはまた別問題、手に入るかは分からないし、自分では欲しくとも逃げられるかも知れない。
 古時計とはそんなもの、目の前にあったとしても必ず手に入いるとは限らず、得てして目の前から消えてしまう事もあるのだ。

 謎かけみたいになったが、今までの経験上感じたFSCN2368.JPG事、やはり相性があると思もわざろう得ない出来ごとが多々あるのだ。
 その古時計は金元舎の時計、この時計は今までに2度出くわしているが、何れも手に入らず、目の前で逃している時計。
 値段も安くて、程度も良かったが、幾ら交渉しても譲っては貰えず、倍の値段で買い取りたいと申し出るも断られる。
 2度目に見つけた時には既に買い手が付いており、今一歩遅くて取り逃がしたもの、それ以来ニュースも情報も入ってはいない。
 あれ以来30年お目にかかった事もなく、噂さえも聞いたことが無く、未だに追い続けているが捕まっていない時計だ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記