2020年09月10日

郷土玩具

   小さな蕾DSCN2362.JPG
 郷土玩具、日本全国に伝わる素朴な人形郷土玩具、昔から愛好家が多く、今尚人気が高く愛され続けている人形の一つでもある。
 全国に伝わる郷土玩具は人形だけではなく色々な物があり、その土地、土地でつくられ続けている素朴な玩具を指して言う言葉だと思う。
 それは様々な素材でつくられたもの、土であったり、木であったり、鉄であったりと、その土地にあった色々な材料を利用してつくられたものだ。
 それらは本職の人達が造り出すものではなく、農耕の合間につくり出したもの、だから素朴でその土地に溶け込んだもの達だと言う。
 土地に伝わった伝説がもととなったものや、話からヒントを得てつくられた玩具、また土地に合った素材でつくられたものと様々、その中の一つが土人形である。

 土人形の歴史は古く、全国でつくられてDSCN2363.JPGいるが、もとは京都の伏見人形であると言われており、その伏見人形が伝わり、各地でつくられるようになったようだ。
 今回の小さな蕾はかって私も集めていた三春人形や堤人形、それに相良人形、花巻人形など素朴なものが取り上げられている。
 土人形は簡単な絵の具で彩色されているから、長年の汚れや煤で傷んでいるものが多く、程度の良いものを探すのは大変。
 あちらこちらを探し回って、程度の良い人形を見つけることが愛好家にとっては何よりな事、だから張り合いが出ると思う、特に古い江戸時代の土人形を見つけた時は何よりの喜び、それが愛好家だと思う。




posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記