2020年10月11日

コンサート

   蓄音機
 古民家久米邸で展示している蓄音機、見学者がそれをSANY7762.JPG見て動くのですかと質問、その都度動きますと説明している。
 初めて見る人は蓄音機がどんなものなのか分からず、電気で動くのかとか、如何して動くのか、色々な疑問を覚える人が多い、特に若い人は蓄音機を見た事が少ないから、殆どの人が電気で動くと思っていて、ゼンマイで動くとは思っても見ない。
 ましてやゼンマイがどんな物かも知らないから、ゼンマイで動くと説明してもピンと来ない様、理解していない様に思え、ゼンマイから説明をしているが、ここまで説明しないと理解して貰えないかと改めて思う事に。
 そんな蓄音機、動くなら是非とも聞きたいと言い出す人も多く、私がいる時は説明してうえで演奏する事にしている。
 やはり若い人が多く、蓄音機が動くとは思っていないから、演奏しだすと感激する人も多く、感動する人が多い。

 何で電機でもないのに、こんな大きな音が出せるのSANY5781.JPGかと、意外な音に驚くと共に、疑問が大きくなるよう、蓄音機とは何ぞやと言う風に。
 そして音もそうだが聞こえてくる声にも反応、今の音とは違った音がするから、その音が新鮮に聞こえるらしく、また何でこんな音が出るのかと、不思議な顔をしている。
 そんな蓄音機、音を聴いた人達の間から、演奏会を開催して欲しいとの声、今までにも何度か演奏会を開いたが、ここに来て私の体調も良くないから控えていた。
 以前にもそんな要請で演奏会を開催、懐かしい音楽を聴いた人は、リクエストも多くなり、結果は何度となく同じ音楽を掛ける事になる。
 そんためにレコードも摩耗して良くない音になり、これも悩みの種、レコードがそんなにある訳でもないからだ。
続きを読む
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記