2020年11月15日

真 実

   毎年この日
 坂本龍馬、言わずと知れた維新のDSCN2463.JPG英傑、坂本龍馬を知らない者は居ない位に有名な人物だが、彼ほど謎多き人物もまた稀で、詳しい事実は今なお謎である。
 土佐藩士であり、28歳土佐を脱藩し浪人となり、諸国を放浪し、維新の礎を築くことになるが、なぜ彼が成しえたのかそれも不思議であるが、明治維新を大きく引き寄せたことは彼の功績で、疑いのない事実。
 竜馬が実際に活躍したのは脱藩してからの約5年間、あっという間に時代の中心に躍り出て、あっけなく姿を消してしまうことになる。
 5年間の彼の行動はめまぐるしく、全国を歩き回ることになるが、何処からその活力が生まれてくるのか驚く限り、一介の浪人が果たしてそんな事が出来たのだろうか。
 坂本龍馬を評価しない人たちは、色々なことを上げ、その事実を認めようとしないが、それはそれで良い、色々な考え方があるから。

 しかし事実は彼によって維新がDSCN2464.JPG大きく近づいたことは確か、藩の後ろ盾もない彼が成しえた事は真実であり、決して小さな事ではない。
 人物の大きさがそれを成しえたと、また彼ほど頭の柔らかい男は居ないともいえるが、それが彼の武器であったことも事実、人を引き寄せる力があった。
 時代が人物を生むと言われるが、まさにその通り、新しい時代を作るために出現した人物、最近新たな事実が立証されつつあり、彼の業績が疑いのない真実であると明らかになると思う。
 今年は少し早く龍馬さんのお墓参りを済ませてきたが、今年は孫が連れて行けと言うので、孫とともに墓参りを済ませた。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記