2019年02月16日

ガラスが割れた

      知り合いの相談
SANY7499.JPG
 知り合いが電話で相談にのって欲しいとのこと、何事かと思いきや古時計の事だと言う、古時計の事なら何時でも相談にのるからと返事をした。
 後日、知り合いが時計を持って現れ、「実は時計のガラスを割られてしまい、揉めている」との事、良く分からない話なので詳しく聞いて見る。
 新しいガラスを入れてもらっては困ると云うと、古いガラスは無いから仕方がないとの事、これが揉めるはじめ、そして最後は「新しいガラスの値段で弁償すると云う事らしいのだ。
 知り合いは、如何しても古いガラスを入れたいと主張、結果は双方の意見の食い違いで揉めたらしく、私に何とかならないかとの相談。
 今のガラスでは800円も出せば直ぐに手に入るが、古いゆらゆらガラスとなると値段もはる、最低は8000円はかかると思う、大きなものだと15000円はかかる、それが又揉める事かも知れない。

 新しいガラス800円と古いガラス8000円の違い、時計の修理代と同じくSANY7504.JPGらいの値段だと思う、相手がそれを分かってくれるかどうか、当然相手に責任はあるのだ。
 知り合いに、相手にその話をしてやらないと平行線だと思うとさとし、先方にガラスのある所を紹介して、ガラスを持っている所から話をして貰うようにアドバイスをする。
 今の時計屋さんはガラスの事情等知らない人が多く、古いガラスが中々手に入らない事も知らないし、値段が高い事も知らないのだから困る事になる。
 宅配業者から見積もりをして欲しいとの相談も多くあり、その都度ガラスの現状を説明し、昔のガラスの値段を見積もり、手に入ることはあるが、値段が高くなる事を理解してもらっている。
 何にしても古いガラスは年々少なくなっているので、それを確保するのは厳しくなっているのも現状、結果は値段が高くなってしまうのも仕方がない事か。
 だから気を付けてガラスを割らないことが1番、割ってしまえばオリジナルでなくなってしまうから、慎重に取り扱う事だと思う。
 あくまでも古時計だと云うことを念頭に、大事に扱うしかない、もっと古時計を理解してやらないと、その為にも頑張って欲しいものだと思う。
  写真は上が新しいガラス、後のものはゆらゆらガラス、写真は上手く取れなかったが、障子の棧が歪んで見え、上ものは鮮明なのが分かると思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100510566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック