2019年07月22日

今年も

   8回目を迎える

 我家でもプランDSCN1555.JPGターによるエコ対策をはじめ、ホームセンターで買い込んだ苗で即席の栽培を始めたが、最初の年はうまく行かなかったが、それでも収穫はそこそこあった。
 ある人に言わせれば「そんな栽培をするよりは買った方が早い」と、確かにその年の栽培は良くなかったが、それはそれで良かったと思っている。
 買った方が安いことは確か、トマトを栽培するのにプランターから苗、そして肥料と材料を買い込んで、収穫は僅か、それでは買った方が安いと言われても仕方がない。
 しかし、何かしないと居られない事もあり、エコ対策としてはじめたものだから、それにはじめてやるから成功するとは思っていなかった。
 そんな事で昨年は良い苗を買い込んだのと、去年の経験を生かして栽培に入ったから、結果は大豊作で、こんなに美味しいトマトが取れるのかと喜んだものだ。
 孫達もスパーで見るトマトと違い、プランターで栽培した物は、曲がったものや特別大きなものに驚いてもいたし、何よりも新鮮なものが食べられて、大満足な収穫でもあった。
 スパーで買うトマトとは全く違った味、露地栽培とは行かないがプランターでも、それは美味しいトマトが取れ、朝取りのトマトが食卓に上ったものだ。

 こんな小さな事でエコ対策になるのか、それは疑問でもあるが、気持ちだけでもと思いはじめ、緑のカーテンのように目に見えて効果が上がるものでもない。DSCN1554.JPG
 だからと言って無駄ではないと思っているが、それよりも友人は東北のものを買い込んでやった方が良いのではと云う、確かにそれも大事な事だ。
 東北のものを買い込むことで少しでも手助けが出来れば、手助けとは大げさな言い方、少しでも役に立ちたいとも思いは皆同じ。
 今年は去年と同じな苗を買い込んでプランターに植え、去年みたいな収穫を願っていたが、今年はそんなに上手く行かない様、葉っぱは大きくなっても実がならなようだ。
 ようやく小さなトマトがなり出し、やっと出たか安堵するやら、喜ぶやらで、去年とは違った喜びが湧いてくるが、これも栽培してこそのもの。
 近所の人に聞けば、「同じ土で2年続けて栽培してはならない」と聞く、それは前にも聞いたことがあり、プランターの土は新しいものだ。
 それでも上手くトマトは出来なかったが、遅くはなったがこれから沢山なる事を期待して、水やりに精を出さないと枯れる恐れがある。
 今年も暑い夏、水をやってもすぐに葉っぱがしおれそうに、トマトは良く水を吸い上げると聞き、丹念に水をやり続けているのだが。
 この先、遅れを取り戻して沢山の実をつけてくれる事を願って、水やりを欠かさないようにしなければと、やっぱり収穫する事は大変だと思う、この頃だ。






posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101779043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック