2018年11月22日

買出し屋

      裏方さん
SANY9730.JPG

 骨董業界は分業制と言ってよい、骨董店を開いている人、骨董市場を開いている人、骨董を買い出して来る人とその道に分かれている。
 どんな業界でも分業制はあるが、骨董業界もその1つ、色々な分業によった成り立っているので、その仕組みもまた面白いものだ。
 我々が目にしている骨董品、直接売り手から買い手に届くのではない事は知っているが、色々なルートを経て我々の手元にやってくるのだ。
 大抵の場合は骨董市場と呼ばれる競り市が存在し、殆どの業者はこの競り市で商品を手にするが、それ以外でも持ち込まれるものもある。
 売主が直接業者のもとに売りに来る場合もたまにあり、全部が全部セリ市場で調達する訳でもないが、大体はセリ市場での購入だ。
 この競り市は全国で様々な場所で開催されており、ここに商品を持ち込んで来るのが買出し屋と呼ばれている人々、この人達はありとあらゆるものを扱うのだ。
 買出しとは旧家等の家に行き、古いものを買い求めるのが仕事、蔵や納屋などに眠っている骨董品を買い付けるためにあちらこちらの出向く。
 彼らの情報は競争であり、人よりも先に良いものを求めて探し回る達人、兎に角良く知っているもので、少しの情報でも飛んで行く事が仕事。SANY8590.JPG
 良いものがあるか、それともガラクタなのか、どんなものがあるのか分からない時も、暇を惜しんで買出しに精を出す仕事、兎に角回らないと物が集まらないのだ。

 私の知り合いの買出し屋は全国を回り、ありとあらゆるものを買い出して来るが、その中には珍品と呼ばれるものも、そんな事もたまにはあるものだ。
 何が出るのか分からないのもこの仕事、当たりはずれの多い商売でもあるが、そのスリルがたまらないのだと知り合いは言う、良い物を掘り出したときの喜びが忘れられないとも言うのだ。
 そんな事が好きでこの商売をやっているから、別にガラクタが出た時はあすに期待して落ち込まない事、明日は良いものが出ると信じて回るのだとも言う。
 彼らがいなければ我々が骨董品の時計を買うことは出来無いもので、全国から時計を買い出してくるから、競り市にも骨董品が集まるのだ。
 言ってみれば彼らは、裏方さんと呼ばれる人達、販売業者も彼らがいなければ商品を買う事が出来ないので、買出し屋はやっぱり裏方SANY8569.JPGの存在だ。
 そんな買出し屋から、私は良い時計を幾つも買わせて貰ったもので、非常に時計蒐集には欠かす事の出来ない人たちだと思っているのだ。
 これからも彼らが良い時計を買い出して来てくれるのを期待したいし、まだまだ眠っている時計があると思う、頑張って欲しいものだ。
 大珍品の時計を買い出してきてくれる事を願っているのだが、何時出てくるのか分からないのがこの世界、良いものが出る事を期待したい。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105356294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック