2019年03月31日

やっぱり違う

      オリジナルとは
SANY0317.JPG

 最近富に多くなったのが文字盤の質問、時計愛好家からの質問で文字盤が違うのではないのかと、数多くの質問が寄せられているのだ。
 古時計にとって1番変わりやすいのが文字盤、特に紙文字盤は痛みやすく、時代が経てば変わってしまうことも多く、又戦時中は変えられてしまった。
 比較的良く残っているペイント文字盤、これだとて帰られてしまったものも少なくないのだが、原因は劣化にあるといえる。
 古くなったペイント文字盤は、触っただけでポロポロと剥がれ落ちる事も、これは劣化と同時に温暖の差が原因、伸びたり、ちじんだりしてペイント部分を痛める。
 ペイント文字盤は中々書きかえると言う事は少なく、上から紙文字盤を張り付けることが多く、元の文字盤を保っていない。
 紙文字盤にせよ、ペイント文字盤にせよ、時代の経過には勝てず、取り替えてしまったものが多く存在、それは仕方がない事。
 時代とはそんなもの、長年の経過で痛んでしまうのは仕方がなく、むしろオリジナルの状態のものを探すのが難しいのだ。

 そしてもう1つが時代の変化、大正時代よりローマ数字からアラビア数字の文字盤に移行、文字盤の書き方が変わったのだ。SANY0314.JPG
 古い形式のローマ数字から、アラビア数字へとの転換、これも時代の流れ、オリジナルの文字盤の上から、アラビア数字の文字盤を貼り付けた。
 古くなっていないものでも上からアラビア数字の文字盤を貼り付け、流行に乗ってしまったものも多く存在しているのだ。
 全く惜しい事だと思うが、当時の人たちのとっては悪い事ではなく、あくまでも時代の流れ、ただその流れに乗ったのみである。
 我々にとっては実に勿体ないことだが、それが当たり前の時代、別に罪悪感等ない時代、むしろ時代の先端であった。
 そんな訳でオリジナルの文字盤が付いている古時計は貴重な存在、古時計愛好家が探し求めるのも当たり前である。
 写真の文字盤の紙が貼り付けられた古時計だが、サイズもお構いなしに貼り付けられている古時計も珍しく、如何に当時の人たちが文字盤に関心がなかった事の現れでもあるが、今となっては面白い原状思われるのだが。






posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115481649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック