2019年01月09日

ステンドグラス

    光線のかげん
 SANY8619.JPG明治時代西洋建築がさかんに造られ日本各地に其の姿を留めているが、多くの建物にはステンドグラスが使われている。
 文明開化の名のもと、西洋建築は大流行、わけの分からない建物も現存しているが、日本人の手によるものがほとんど。
 今までの建て方とは違い、全く新しい建て方として当時の大工を悩ませたことだろうが、そこは日本の大工へこたれなかった。
 和様折衷とも言うべき建物が造られたが、当時の大工の心意気とも取れる建物が現存しており、色々な工夫が施されているのだ。
 そんな建物が横浜や神戸、長崎と港町に多く残こり、今でも当時の面影を色濃く残しており、観光客の人気である。
 私もそんな西洋館を見るのが大好きでよく出かけたものだが、一番の見どころはステンドグラス、何処に設置してあるのか楽しみであった。
 教会などのステンドグラスと違い、西洋館のステンドグラスは趣が全く違うもの、やっぱり和様折衷の物が一番。
 特に日本人の手によるステンドグラスが良く、あの何とも言えない雰囲気の図柄、淡い色彩のガラスの組み合わせが良い。

 日本家屋に合うようなデザイン、特にSANY8602.JPG風景画が良い、どこかのホテルのロビーで見た明治の作家もの、それを見た時、ぜひとも手に入れたいと思ったものだ。
 建物の雰囲気を壊さず、それでいて存在感のあるデザインと色彩、その場の雰囲気は最高のものに仕上げていることだ。
 彼らは西洋にはない色彩と感覚、日本人ならではの感性で仕上げられたステンドグラス、やっぱり日本家屋によく合う。
 西洋のステンドグラスが日本製になり、日本の家屋に鎮座するもの、それはやっぱりデザイン、そして色彩の妙。
 そんなステンドグラスを欲しいとあちこち探したが、なかなか手に入れられず苦戦、やっと手に入れたのは大分経ってからのこと。
 自分好みの図柄を探すことに難しく、たまによいと思うものを見つけてもサイズが大きかったり、小さかったりと目的と会わなかった。
 古い日本製のステンドグラスは数が少なく、ましてサイズが決められていると探すのはより厳しいものとなった。
 結果は欲しいと思ってから10数年も経ち、ちょうどよいサイズの物を手に入れ、玄関の天窓に入れることにした。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124459739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック