2019年06月30日

個性的招き猫

    不細工で可愛い

SANY0228.JPG 招き猫、商売繁盛を願う庶民の味方、人を招く猫としての信仰心からくる思い、それが招き猫の置物だ。
 何故かしら庶民は、この招き猫が好きらしいが、本当に人を招いてくれるのか、いささか疑問でもあるが。
 其れが信仰と言うべきものなのか、またまた思い込みなのか、故事に由来を持つ招き猫、そこから来るものは何か。
 そんな問い掛けにも、ただ黙って座っている招き猫、座っていればそれで良しとする人々、ありがたい事だ。
 信仰とはそういうものだと、招き猫は信仰なのか、そんなはずはないが、其れに等しい気持ちであることに変わりはない。
 ただ単に陶器の置物であるではないか、何でそれが人を招いてくれるのか不思議、不思議の置物だ。
 この招き猫の姿もまた色SANY0267.JPG々なものが存在しており、産地で変わった形の製造しているのも個性であるのか。
 ある招き猫は凛々しく可愛らしいものであったり、ある招き猫はでっぷりと太っている猫であったりと色々。

 どの形の招き猫がご利益があるのか、商売人ならずとも興味の湧く所でもあり、どれが好まれるものなのか。
 そして本来の招き猫の形はどれが本当なのか、最近では新しい招き猫が出現しているが、其れもまた個性なのか。
 色とりどりの色彩を持つ招き猫も登場、それも個性のうちなのかと、そんな事を思う人も多いのでは。SANY0304.JPG
 しかしいろいろな個性の塊の招き猫も、個性とは変わった顔を持つものなのなのかとも思えるが、果たしてそうなのか。
 なんにしても変わった顔を持つ招き猫、それを個性であると判断してよかろうが、製造者はそれを意図としているのか。
















posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/135633034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック