2019年03月21日

瀬戸焼きそば2

    独特の味
SANY1516.JPG
 全国で色々な焼きそばが作られているが、ヤッパリ地元の焼きそばが一番、幼い頃より食べている味。
 焼きそば、その作り方は色々、勿論味も色々な味があり、ソース焼きそば、しょうゆ焼きそばと区別が。
 瀬戸焼きそばは醤油味、それも豚肉を炒めて出汁醤油で煮詰めて、スープを作る事から始まり、大量のキャベツとともに炒める。
 この出し汁が決めて、店店で色々な味があり、独特の味を作り出し、自分の好みの味を求めて店を回るのだ。
 私は幼い頃より自分好みの店は、深川神社の門前にある「福助」、この店の味が大好きであった。
 通称地下街と呼ばれる商店街の一角にある店、昔から行列のできる店として話題の店、並んでも食べたくなる味だ。
 ここの出汁は少し甘めの出汁、鉄板に麺とキャベツを大量にいれ、炒めるのだが、途中からこの豚肉で煮詰めた出汁をかける。

 麺とキャベツが炒まったところに大量に出汁を上からかけ、黙々と出る湯気と共に炒めるのだが、この時出る香ばしい匂いがまた独特。SANY1514.JPG
 遠くからでも匂う瀬戸焼きそばの匂い、この匂いにつられて客が寄って来ると言ってもよい、それが福助の味だ。
 店の間口は一間半ほどの狭い間口、狭い店内にビッシリとテーブルが置かれているが、何時も満席。
 満席と言っても20人も入れない位の狭さ、客は狭い店内も何のその、焼きそばを食べているのだ。
 そしてもう一つが「おでん」、出汁の利いた汁でしっかりと煮、少し黒くなっている位が食べ頃、これが又旨い。
 焼きそばが出来るまで、私はちくわとはんぺんを食べて待つのが何時ものスタイルだが、このおでんも良く煮たものが早くなくなる。
 おでんが無くなるまえに焼きそばが来る、このタイミングが一番最高だが、そんな時ばかりではなく、待つ事もしばしばだ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/154799140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック