2019年03月27日

時計仲間

    古時計愛好家
 あや.jpg
 古時計愛好家のコレクションを見ていると、その人の個性がみえて面白く、どの愛好家も時計好きである。
 勿論時計が好きだから古時計を集めるのだが、その集める時計が人それぞれ、大きな時計が好きな人、逆に小さな時計の好きな人と分かれる。
 大きな時計の好きな人は数は少なく、一点趣向の人が多く、そんなに台数を持たない人が殆どと言ってよい。
 勿論、例外な人も居るが、大抵は数は少ないもの、当然であるが大型の古時計は場所を取る、当たり前だがそれが問題だ。
 大型の時計を数多く所有は出来ない、今までに出会った人の殆どは数台の古時計で、置き場所に困るからとも言う。
   確かに大型の古時計は置き場所に困る事は必定、何台か欲しくても場所の問題もあり、そうは行かないのだと思う。
 人間の心理としては目の前の古時計が欲しくなるのは当然の事、ツイツイ買ってしまうが、その後がいけない。
 家に持ち帰ってきてからが大変、家の者には嫌な顔をされ、置き場所はないし、思案するしかないのだ。あさかい.jpg

 そんな事は買う時から分かっているが、古時計愛好家の心理りでは、目先が事が先で後の事は二の次だ。
 それで何時も失敗を繰り返すが、全くと言って反省の色がなく、同じことをくりかえりているのだと思う。
 御多分に漏れず私もその一人、何時も家族に嫌な顔をされているが、こればかりは止められない。
 逆に小さいのを好む古時計愛好家も、場所が取らないことを良い事につい買い込んでくる。
 結果は大型の愛好家と同じ道を辿り、やはり家族からはソッポを向かれて、ションボリとする事に。
 いずこも同じことの繰り返しをしているが、両方とも反省がないのも古時計愛好家の人達と思うが、私だけだろうか。
 好きな物にはツイツイ手が出、家族に受け入れられなくて四苦八苦するが、それでも止められないのだから仕方がない。







posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/156504456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック