2018年08月09日

カラクリの仕組み

    複雑ではない
SANY0988.JPG 人気の時計にからくり付き時計があり、その筆頭がフクロウ時計、大きな目が左右に動き、しっぽが動く。
 その上時刻が来れば口が動き、時を告げる鳴き声を出す、この簡単な動きこそが人気の秘密である。 カラクリと言うのでさぞかし複雑な機構であると思う人も多いと思う、しかし時計の中を見る事は出来ないので分からない。
 勿論、時計を持っている人は自分で見る事が出来るから、その機構は確認できるが、持っていない人にとっては興味が湧くものだ。

SANY1714.JPG
 
よく時計展でも質問が多く寄せられるのは、フクロウ時計の仕組み、そしてどんな仕組みなのか、非常に複雑なものではないのか、色々な事が出る。
 最近特に女性の人が多く聞く事が、何でかと思っていると、「可愛いから好きだ」と言い、仕組みに興味が湧くからとの事。
 昔は女性が機械の仕組みに興味を覚える事はなく、それが現代の女性は違うのだと言う、確かに最近女性の古時計愛好家が増えている。
 そんな人達が必ずや聞いて来るのは、しっぽの動きと目の動き、どうして同じように左右に振れるのか、それが知りたいと言う事。
SANY0979.JPG さぞや複雑な構造ではないのかと、素朴な疑問を持っている由、確かに動きからして複雑と思うのも無理はない。
 最近のクオーツ式のフクロウ時計の様に、電気仕掛けで動くものと違い、機械式であるからこそ思うとの事。
 ある女性が展示会で、どうしても仕組みが見たいと申し出、是非とも中を見せて欲しいと懇願され、そんなに見たいのならと、時計の仕組みを見せる事に、フクロウ時計独特の外箱、ネジを外しているとそれにも興味を示す。
 今までに見た事のない外箱の仕組み、逆に外箱にも興味を覚えて、中の仕組みをそっちのけで質問だらけ、
目とシッポの機構が見たいと言っていたのに、外箱の開閉に興味が移ってしまい、こちらが唖然としたこともある。
 結果は機構も外箱も同じように説明して、時間が費やされた事になってしまったが、最近の女性は実行力がすごいし、ほとんどの女性が興味を示した、フクロウ時計の機構、そんなに難しい機構でないもの、見れば「何んだ、簡単な仕組み」と言われてしまった。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168356567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック