2018年09月07日

個性の表し方

    それぞれに違うもの

 SANY7222.JPG古時計には個性を強くあらわしたものが存在しており、それを変形型と呼んでいるようだが、製造者の意図も存在している。
 過当競争を勝ち抜くために、色々な形で個性を前面に打ち出す事によって、他社との違いを際立たせるために作られたと思う。
 普通のものと違う時計を求めようとする人たちに向け、製造者は思案した上、個性をどの様に表現するか、やはり苦労したと思うが。
 現在残っている古時計を見て、当時の担当者が如何に考えた末に、商品として造り出したものと思えるが、そこには切羽詰まった事情もあった。
 今の世の中でも同じように、他社との住み分けを如何にして表すか、それが販売に役立つのか、市場の動向如何である。
 売れるか、売れないか、販売を拡大するために新たな物を造り出したが、売れなければ自分の首を絞める事になる。
 良いものを開発して市場に提供する事が、新たな物を造ったが故に失敗、それが即経営に響く事は十分理解している。
 
 DSCN2125.JPGしかし、新たなものを提供する事は博打に近い、当たらなければならないものが、思い通りになるかは未知数である。
 当時のカタログを見ても、変形時計は数か少なく、一種独特のものだと感じるが、それを得意とした製造会社も存在した。
 あえて他社が造り出さないものを、果敢に製造する逆手商売、その為に市場の動向を見極めて、売り出したのだ。
 大量生産ではなく、少量で変化の大きなものを製造、種類を増やす事により、職人の力量が前面に出る。  少しの改造で全く違った時計を生み出すこと、コスト面も重要な要素であり、手間のかかる仕事は禁物でもあったようだ。
 コスト高では市場に打ち勝つ事は出来ないから、材質にしても、手間のかからなくて、それでいて個性を出すのは大変。
 写真の様に他とは少し違ったものを、簡単に製造できるように工夫、職人の意地と力量が表れているもの、普通の物と少し違うものに変化する、こんな小さな事も他社との違いを表したものなのだと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169452910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック