2016年04月17日

何を買えば良いのか

    今が良い時なのか


SANY9407.JPG
 古時計蒐集するのに今が一番良い時なのか、今までに無い古時計が安く売りに出ているのではないかとも言われている。
 そんな噂が一杯、確かに古時計が安く売りに出ている事は事実、良いものも多く出回っていると言う事だ。
 私のもとにも問い合わせが多いもので、このような現状である事は確か、ネットでも色々な古時計が出品されているからだ。

 なぜ今なのか、確かに以前と比べれば古時計が多く市場に出ており、ここ2、3年古時計が市場に出ている事。

SANY5942.JPG 私の周りでも今まで古時計を蒐集していたが、年齢も高くなり、この際処分したいと思う人が居るのだ。
 事実友人も今まで蒐集した250台の古時計を処分したが、この様な古時計が一斉に業者の手に渡っている事も原因。
 偶々ではなく古時計愛好家が歳を取っている事も現実、長年集めて来たものを処分する人が多く出ているのだ。

 今までにも何度かこんな事はあったが、その回数が今は多い様で時代の流れの中、高齢者が古時計を手放している事だ。
 特に古時計を多く所有している人が、偶然にも時期が重なり、同時に手放す人が出て、古時計が市場に出る事により、値段も下がる事に。
SANY0529.JPG
 今まで無いとされていた古時計が、一時期に同時に市場に出れば、無いと思っていたものが目の前にあり、それも複数ある。
 そうなれば感覚として業者も愛好家も、当然まだ出て来ると思うのも人情、数が多ければ尚更の事、その様な心理となる。
 市場とは需要と供給のバランスに成り立っているもので、需要が多いけど、ものが無ければ値段は上がり、逆にものが多くあれば値段は下がる。

 これが市場原理の法則、今それが顕著に表れている時、しかし何時までも続くものではなく、一時的な現象。
 偶々今までに無い多くの古時計が市場に出て、一時的な現象が現れているから、やはり今が買い時である事は間違いないもの。DSCN0353.JPG
 ただシッカリと良いものを見極める事も、愛好家としての心得、慌てて買い急ぐことをしないように、自分の目を見極めるのも大事なこと。
 今まで見た事のない様な古時計を目の前にすると、焦る気持ちも分かるが、誰しも同じ気持ちであり、冷静に観察する事だ。
 チャンスは確かに今である事には変わりはないから、人に買われてしまってとの心理が働くが、心を冷静に待つのも一つである。




posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174908126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック