2016年05月11日

これで分かるの

    ちょっとだけで


SANY7481.JPG
 古時計愛好家は時計の一部を見ただけで、その時計の名前が出てくると言うが、果たして本当なのかと思ってしまう。
 色々な古時計を見ているから、少しの部分を見ただけで、その時計が何であるかを当てると言うのだが、それほど詳しいのか。
 私などはとてもそんな事は出来ないが、古時計愛好家の中には、そんな達人も存在しているとの事、少し見ただけで分かると言う。
 確かに特徴のあるものなら、古時計に詳しい人なら分かるかもしれないが、そこそこの愛好家ではとても無理と思う。
 SANY7209.JPG第一、そんなに多くの古時計が頭の中にインプットされているとは思えないが、どんな人がそんなに詳しいのか知りたい。
 ではそんな人達は、古時計をどの様にして頭の中に入れるのか、特徴のある部分をピックアップして、それを叩きこむと言う。

 勿論極意とはそんなものだと思うが、やっぱり普通の人は覚えていないのが当たり前の事、何となく見ているだけ。
 確かに部分的な特徴を覚える事は大事、一つ一つの特徴をとらえて、それを数多く頭に入れる事、記憶とはそんなもの。

 例えば個性的な時計、ニューハバナの時計の特徴はと聞かれれば、上の部分を取るか、下の部分を取るか意見の分かれるところ。
SANY7268.JPG この時計は特徴のあるもので、何方の部分を取っても記憶に残る古時計、人によって取り方が違うものだ。
 それはそれで良いと思うが、個性の強い時計ばかりではなく、飾り金具が違っているだけの時計、そんな時計は飾り金具を全部覚えてしまう。
 例えば精工舎の石原町製造の時計、一つの特徴は花ボタンと言われる部分に特徴が、その種類はそんなに多くないものだから。

 花ボタンの数だけ覚える事、一つ一つ、すると全体が見えて来るもの、石原町の全体像が頭に入ってしまう事になる。
SANY7168.JPG 覚えるのにはコツがあると言うが、人によって覚える部分はまちまちで、その人が分かればそれで良いと思う。
 兎に角自分の覚えやすい所を発見して、その部分を記憶する事、そんな事を続けている内に、知らず知らず頭の中に入る。
 写真はそんな古時計の個性派を挙げてみた、この古時計が何であるか分かった人はまず合格、モット細部を見ても分かるかもしれない。
 さてこの時計がどんな時計か当てて見て下さい、ちょっと大変かな、簡単かな。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175112507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック