2016年05月23日

今年は何にする

    エコ対策の一環



 
DSCN0786.JPG
 震災以後、家庭菜園を初めて5年目、毎年新鮮な野菜が食べられ、芝生をはいで畑にしたのが正解かも知れない。
 私は畑仕事は好きでないから、もっぱら食べる方だが、妻は畑いじりが好きで、セッセと苗を植えているようだ。
 去年もその前もキュウリが豊作で、新鮮なキュウリが食べられたが、今年もキュウリは植えたようだが、もう一つは何だろう。

 茄子かトマトかと思うが、何だか違うような気もするが、去年はトマトは不作、虫に入られて殆ど全滅の状況であった。
 我が家で出来るトマトは新鮮だから、スーパーで買い込んでくるトマトとは全く違うもの、完熟してから採るからだ。DSCN0784.JPG
 スーパーのトマトは青いうちに収穫して、店頭に出るころに赤くなり、それを買い込んで来るから、新鮮なものではない。
 それに完熟でないために、あまり美味しくなく、トマトの味もさほどしないものだから、食べても美味しくない。
 そこえ行くと我が家で収穫するトマトは旨いもの、トマトも好きではないが、健康のためには食べなくてはいけない。
 そんな事で我が家で作るようになってから、トマトを多く食べるようになり、別に苦にならなくなったようだ。

 DSCN0785.JPG以前はトマトの匂いも好きではなく、まして何時も出て来る様では食べる気もしなかったが、今は違う。

 朝採って食べるトマトは非常に旨いと感じ、しかもそんなに青臭くないので、少しは我慢できるようになった。
 それに自分で収穫出来、完熟度合いがハッキリと分かるから、食べたい時に収穫も出来、一石二鳥の楽しみである。
 このトマト、思っていたよりも多く収穫出来、それも味は良いものだと思う、ホームセンターで買う苗も良いのでは。
 毎年同じホームセンターで苗を買って来るが、今年はそこにトマトの苗が無くて、他の所から買い込んだ。
 その為にどんなトマトが収穫できるのか、楽しみでもあるが、美味しいと去年までのトマトと比較も出来るのだ。
 サテサテ、今年のトマト、出来はどうであろうか、今までに無いトマトが収穫できるかもしれないが、それとも逆な現実が待っているものなのか。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175191065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック