2018年10月02日

ニッパ君4

    主人の声



DSCN1109.JPG ニッパ犬、今では犬だけが持て囃されているが、本来はマスコット犬、レコード会社の宣伝犬であるのだが。
 この犬の逸話は色々な方面で話題となっていたらしいが、本来は絵の作者がレコード会社に売りに行った事からだ。
 勿論はじめは飼い犬が、無くなった主人の声が録音されたレコードに耳を傾けていた事から、その姿を描いたものだと言われいる。
 作者は元飼い主の弟、兄が買っていた犬を引き取り、自宅で飼いだしたが、偶々かけたレコードに兄の声が入っていて、それを犬が聞いていたらしい。
 そんな姿がいじらしく思い、描いた絵であると言われ、実は犬が聞いていたレコード、つまり蓄音機が悪かったと言われている。
 蓄音機から聞こえて来る声に聞き入る姿、しかし蓄音機は絵を売りに行った会社のライバル会社の蓄音機であった。DSCN1108.JPG
 そんな事とは知らない本人は、絵を売りに行った、その会社に断れらてしまったとの事、当たり前の事である。
 ライバル会社の描かれたものを売りに来たのだから、その会社が買うはずもないが、後にビクター社が自社の蓄音機を描かせて買い上げたのだ。
 も
 ともと絵描きであった弟は、兄の飼い犬を引き取り、偶々その犬を描いてそれがビクター社に売れただけの事。
 しかし、このニッパ君アメリカに渡り、ビクター社のマスコット犬として人気が一気に出て、店頭に座ることになる。
 ビクター社ははじめは商標としてニッパ君を採用していたが、思わぬ人気が出、キャラクターとして社を挙げて宣伝に努める。
DSCN1110.JPG 陶器でニッパ君を造り、レコード店の店頭で客引きの宣伝物として置く事に、その結果ニッパ君はビクター社の看板となってしまい、絶大の支持を受ける。
 勿論日本にも上陸、1929年日本ビクター社の看板として日本初お目見え、可愛らしい事もあり人気になる。
 アメリカ同様、日本でも陶器のニッパ君を造り、レコード店に配布、店頭でビクター社の宣伝に努めることになる。
 色々な会社で製造されており、多少形の違うニッパ君が存在しており、良く見るると古いニッパ君は体の筋もハッキリと出ている。
 それに引き換え、新しいものは体の筋が無くなり、スッキリとしたものになっているから、よく観察すると良いと思う。
 また色々な記念として最近でも新しいニッパ君が出されているが、やはり昔のものと比べるとスッキリしている。
 少し前の販売店に配布されたものは、そこの店名が金文字で書かれているものがあり、時代測定に一役買うことになる。
 同じように見えるニッパ君、古い時代の物の方が価値があり、同じニッパ君でも新しいものは数も多い。
 写真のニッパ君は古い物であり、60センチ強の大きなもの、店頭に置かれていたものであり、数も少ないものだ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175774120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック