2020年07月07日

七夕

   天の川は見えないDSCN2134.JPG
 今年はコロナと梅雨の大雨での七夕、全く見えないと思うが5節句の一つ7月7日は七夕、江戸時代に定められた5節句、その内7月7日を七夕と言う。
 古くは中国よりの渡来行事、奈良時代には既に宮中に伝わっていたとされ、この日祭壇を飾り穀物や海のものを添えなて儀式を行ったらしい。
 中国の棚織の行事が日本に伝わったと言われ、機織りの糸五色を吊るしたり、吹き流しを吊るしている、もともと中国では五行説からこの事が来ており、青、赤、黄、白、黒の五色からなるもの、それが糸の色である。
 江戸時代に入り一般庶民の間でも七夕を行う風習がはじまったとされ、笹竹に五色の短冊を吊るしたと言われている。
 勿論五色とは青、赤、黄、白、黒の五色であったが、次第にいろいろな色に変化して行った様で、元の色が薄れてしまった。
 笹竹に吊るすのも、笹竹は神聖なものとして災いを水に流すと言われており、それに願い事を書いて吊るした、寺子屋などで習い事をしていた者たちは、短冊に願い事を書いて笹竹に吊るしたもの、短冊だけではない。
 五色の糸を象徴した吹き流しを吊るし、巾着や神衣、網、くず入れなどを吊るすのが正式な飾り方と言う、もともと素朴な飾りものであったが時代と共に本来の姿から変化し、吹き流しに梵天が付くようになる。

 くず入れも次第になくなり、変わったものが付くようDSCN2136.JPGになったのも、本来の意味が薄れて行った証、現代の様な七夕飾りは五色の短冊の色は無く、多種多様な色使いで派手に装飾しているものが多い。
 七夕の基本は忘れ去られて、豪華に見せようとする飾りとなってしまったのも時代の流か、それとも観光目的の七夕なのか。
 日本各地でこの時期七夕が開催されているが、今年はコロナで開催が中止の所が多いと聞く、元の五色を守っている所は無いに等しく、キッチリと七夕を伝えて欲しいものだ。
 観光目的で人を集める為に、豪華な飾りを造り、派手な演出をしたりしているが、七夕の基本は伝えて貰いたいものだ。
 やっぱり素朴な七夕飾りが良いと思うし、子供たちが小さな願い事をしたものが、吊るされている笹竹が良い、そんな七夕も家庭で行っているところは少ない様で、幼稚園とか施設で粉われている程度と言う。
 もっとも笹竹を手に入れるのも今では難しく、都会であれば尚更の事、現代は住みにくくなってしまったものだ、そして、この時期の天の川は見る事が出来ない時期、梅雨の真っただ中、旧暦が基本であった昔の事、現代では天の川も見る事が出来ない。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175949378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック