2019年09月01日

エコカーテン

    エコ対策であるが
SANY0666.JPG
 今年も兎に角暑い夏であるが、何でこんなに暑くなるものなのか、気象変化は計り知れないのだ。
 ここ数年異常気象であると言われているが、何時まで続くものなのか、やはり少し地球がおかしくなった来たのか。
 温暖化と言われ続けて年々温度が上昇、何処まで暑くなるものなのかと心配もするが、もう日本も熱帯地方に入ったのか。
 それにしても暑い夏であったが、まだまだ残暑は続くと言う事らしく、この暑さは当分収まりがつかない様だ。
 そんな事で毎年の事、暑さ対策の為に緑のカーテンを採用しているが、これが功を奏しているのだと思う。
 日差しを遮るのに色々にものがあるが、ホームセンターで進められたのが緑のカーテン、震災後之を採用して7年になる。
 安くて見た目に涼しそうであり、尚且つ日差しを遮ってくれるので、毎年の事ながら成功している。
 勿論これだけではなく、簾も併用して使っているが、何方が良いものなのかは判断が出来ないと思う。
 風が良く通るものは簾の方が良いとも、見た目に涼しそうに見DSCN1440.JPGえるのは緑のカーテンであると思うが。
 どちらにせよ暑い夏に活躍してくれたことは確か、簾は一度セットすれば秋までは世話をする事は無い。
 しかし緑のカーテンは世話をしないと持たないので、毎日水やりを欠かさないが、これが案外面倒でもある。
 プランターで植えてあるから、暑い日には水枯れを起こす事も屡々、うっかりすると水が少なくてしおれている事も。
 暑い日には朝と夕方の二回水をやらないと持たない事も、そんな事で手間はかかると言う事、一長一短の価値である。

 簾は今まで竹製のものを使用していたが、今年は何故かホームセンターに竹製の簾が無かったのだ。
 何でないのか分からないが、何処を探しても見当たらないので仕方なく、中国製の葦か知らないが、その簾しかなかった。
 ないものは仕方が無く、渋々その簾を買った来たが、竹とは違い少しDSCN1439.JPG強度不足で、台風など風には弱いようだと思う。
 そして雨にも弱そうであり、この先台風シーズンで果たしてもつものなのかと不安でもあるが、無かったから仕方がない。
 勿論緑のカーテンだって台風には弱くて、去年も台風で葉っぱが落ちてしまい、結果は取り払うことになった。
 今年も台風が来ており、これからが心配であるが、今も厚い日差しを遮ってくれ、緑のカーテン今年は不良な状態で、葉っぱがやっと茂っており、役目を辛うじて果たしている。
 どちらにしてもこれからが正念場、あと少なくとも二週間か三週間は持って貰わないと、まだまだ涼しくならないから、エコ対策として色々な方法があるが、手軽に出来てそれでいて効果があるものは中々少なく、見た目にも涼しく感じる緑のカーテンをお勧めする。







posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176718971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック