2019年02月09日

グリコのおまけ

    販売促進用
DSCN1480.JPG 「おまけ」、この言葉の響きは何とも言えないもので、殆どの人が快く思っているものだと思う、つまり響きが良い誘い文句だとおもう。
 そもそも「おまけ」とは、本来その物だけで商売するのが当たり前、おまけが良いからと本体はそっちのけではおかしいのだ。
 元々は買って貰ったお礼として出していたもの、だからそんなに良いものでは無く、チョットした物をおまけとして出したのである。
 その代表格と言えるものがグリコのおまけ、私も子供の頃グリコは良く買っていたもので、本体のキャラメルはどちらでも良く、おまけ欲しさに買い込んだものだ。
 今でもはっきりと覚えているのは、近所の駄菓子屋に行き真っ先に買い求めるのがグリコ、当時レースカーが好きで、それを求めてのものであった。
 グリコのおまけに金属製のレースカーが付いており、それが欲しくてグリコのキャラメルを何個も買い込んだもの。DSCN1481.JPG
 色々なおまけが付いているが、自分の欲しいおまけが中々出てこないので、幾つも買い込んだがキャラメルは食べないのだ。
 当たり前の事であるが、そんなにキャラメルばかり食べれないもの、キャラメルが欲しいわけではなく、おまけのレースカーが欲しいだけの事。

 一日に何個か買い込んだと思うが、子供の頃であるからお金は無いので、祖母にねだってはお小遣いを貰っていた。
 母親には当然バレない様に祖母にこっそり貰っては駄菓子屋に行き、セッセとグリコのキャラメルを買い込んでいた。
 しかしこちらの欲しいおまけが中々出なくて、何個も同じ物がDSCN1484.JPG出てこともあり、折角祖母にお金を貰って来たのに欲しいものは出なかった。
 その当時グリコのおまけの箱は柔らかい箱、上から押さえれば大体の形は分かったが、そこは同じような形のものもあり、よく間違えたもの。
 だから結果は幾つも間違えて買い込み、失敗たしたものだから、要らないおまけが沢山集まり、友達と交換した。
 しかし欲しいものが同じで、こちらの思うようには交換できなくて、毎日がレースカーを探して駄菓子屋を巡った。
 近所の駄菓子屋で余り多くグリコを買えば、当然母親に分かってしまう事になるから、それがばれない様に遠い駄菓子屋に行く事に。
 DSCN1539.JPG子供の考える事はそれくらいの事、何処でバレるのかは考えもしない、自分ではバレないと思っていたが、隣の友人が母親にバラしてしまった。
 母親にバレてしまった後は暫くはおとなしくしていたが、欲しい物は欲しい、こそこそと母親に分からない様に祖母に御金をせびって、またセッセとグリコを買い込んだ。
 そんなグリコのおまけ、粉ミルクのブリキ缶に二杯分はあったが、引っ越しの時に何処に紛失してしまい、今は無いのだ。
 あれだけ精力的に集めたおまけも、現在残っているものは数が少ないが、それでも楽しい思い出の品。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176722025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック