2016年11月05日

中々集まらない

    40数年経っても

 

DSCN1717.JPG 古時計を集め出してから早40数年が経ち、色々な物を集めて来たが未だ未完成、何時まで続くものやら。
 はじめた頃は簡単に集まると思っていたから、集めてしまえばまた他のものを集めようと、そんな思いで始めたのだ。
 集めて行くうちに何か目標を持たないといけないと思い、色々と考えた末に安い国産の名古屋の時計を集める事にした。
 数多く製造されていたと言われるものであれば、簡単に集まるだろうと思い立ち、それでは名古屋で製造されたものを全部集めてやろうと。
 当時はまだまだ国産の時計は安かったので、自分の懐でも買い集められると、そんな事を思いつつコツコツと集めた。
 DSCN1719.JPGはじめは自分でも思うように順調に古時計が集まり、この分だと数年で集まってしまうと、そんな予感がしていた。
 勿論ユーハンㇲなどの外国製のものも集めたが、これらの時計は資金が続かないから諦めて、安い物をと考えた。
 確かに当時国産を集める人は少なく、売る方でも何で国産の時計を買うのかと、そんな事を言われた事も多かった。
 国産の時計を探していると言えば、うちは外国製の時計ばかりで、国産の時計はおいてないとも言われたのだ。
 それ位に国産の古時計は低く見られていた時代、逆に言えばこの時に面白い時計を多く集めておけば良かったと。
 今では悔まれてならないが、その時はまだそんな事を思わずに、数を多く集める事に集中していたから。DSCN1720.JPG
 次第に買い込んだ古時計が部屋を占領し出して、自分の部屋では収まり切れなくなってしまい、とうとう廊下に進出する事に。
 当然家族からはブーイング、自分の部屋だけにして欲しいと、拒絶反応があったが、気にしていては前に進めないとあえて無視する事に。
 それが家族の反対が大きくなる事に、その為に自分の部屋の隅に山積にして古時計を買い込んでいたのだ。
 しかしそんな事では解決するはずも無く、家族に頭を下げて廊下だけは許して貰う事に、そのおかげで少しは弾みが付いたものだ。
 それからと言うものは名古屋の時計をどんどんと買い漁り、瞬く間に全体の70パーセントは集まったと自負していた。
 DSCN1718.JPG数には自信があり、当時は600台を軽く越しており、これ以上は家に入りきらない所まで進んだが、その後ピタリと止まってしまった。
 大体名古屋の時計は集まったと思っていたが、先輩に聞けばまだ半分ほどだと言われガッカリ、半分とは情けない。その時に古時計の難しさをはじめて知り、奥の深さを実感したもの。
 簡単に集まるとたかを括っていた自分が情けなく思い、そしてこの先まだまだ遠いと感じはじめ、拍車をかけないと集まらないと。
 ここ10年ほとんど進んでおらず、目的としている古時計も全く集まる気配は無く、探せど、探せど集まらないのだ。
 集まらないと言うよりも情報が無く、まだ集めなければならない時計があるが、一向に見つからず、焦るばかりである。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177061358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック