2016年11月29日

何処の時計か

    名前も架空で問合せ


 
DSCN1681.JPG ブログをやっていると色々な事に出くわすが、一番多いものが問い合わせで、ほとんど毎日のように来るのだ。
 ブログをやり始めた頃、友人から「ブログをはじめれば色々なメールが来るから大変だぞ」と言われたのだ。
 その時は今みたいになるとは思っても居なくて、簡単な事であると軽く思っていたが、次第にメールでの問い合わせが増えて来出した。
 それでも、その問い合わせには直ぐに答えていたが、それも少しの間だけであり、返事をする数が多くなると間に合わなくなった来た。
 最初軽く考えていた問い合わせやメールでの返事、その数が増えてしまうと見るだけでも大変の作業になった。
 その上、質問や相談事に乗るとなると大変なことになり、いちいち確認をしてからの返事となる事に。
 しかし数が多すぎて、これも全部返事をする事も出来なく、こちらが根を上げることになってしまった。
 これほど多くの質問が来るとは思っても見なくて、その上返事を出すのに時間が掛かる事も予想していなかったのだ。DSCN1682.JPG
 自分のブログにこんなに多くの質問が来るとは、そしてはじめは返事もその日に出したが次第に追いつかなくなってしまった。
 単なる趣味のブログ、古時計の事も私なりに簡単に書けば良いと思ってはじめ、楽しむために今日に至ったのだが。
 そして古時計の内容についても色々と意見が来るようになり、もっと詳しく書いて欲しいとか、何で簡単に書くのかと。
 厳しい意見も段々と多くなり、迂闊に自分で楽しむ事も出来なくなり出し、友人から「それ見ろ簡単に思っているからだ」と言われてしまった。
 確かに彼の言った通り、私は自分が思った事を色々と書いただけの事、それにまさか意見が付いて来るとは思わなかった。
 自分の考えは個人的な事、自分の思ったことを素直に書いているだけの事、しかしそれが全国で見られるようになると、個人では済まないらしい。
 個人的な考え方でも、其処には公共性があると言う事らしく、それに対して意見出て当たり前であると言う、彼が言う公共性である。
 そしてモット面白くないものに架空の名前で意見を入れて来る人、DSCN1630.JPG良い意見も、悪い意見も、陰口的な意見も、自分の名前でなく入れて来る。
 架空な名前で入れなくても、別に自分の意見であるならば正々堂々と名前を名乗って入れてくれば良いと思うのだが、意見は意見だから。
 架空で入れれば何でも言えると思っているのか、名前が分からなければ良いと、そんな考え方であろうか、私は正々堂々と名乗って欲しいと思う。
 架空の名前で質問なり、意見なりを入れて貰っても、こちらが返事をしようと思えないから、当然気持ちが入らないからだ。
 架空の人に返事を出しても、気合が入らないもの、厳しい意見でも実名であればこちらも真剣に答えなければと思う。
 ネットは便利なものである事は良く分かるが、それを逆手には取りたくないと思う、便利なものが失われてしまうからだ。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177132203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック