2020年04月18日

ホームズ

   形が好き
 DSCN1689.JPGあのイギリスの探偵、彼が手にしていたパイプが気に入り、同じようなものが欲しいと思い立ち、探す事にした。
 あの探偵が吸っていた煙草、カッコ良かったもので、あんな煙草の吸い方をしてみたいものと憧れて、思い立てば早く行動するのが私、デパートにハイプを探しに出かけ、喫煙具のある所に行きパイプを見る事に。
 そこに並んでいたものは高いものばかり、自分の描いていたものとは違い、形も好きな物はなく頭で描いたパイプ、勿論あの探偵ホームズが持っていたものと同じ形のものが欲しいと、馬鹿な話であるが憧れでもあったからだ。
 何でも興味を示せばすぐに真似したくなるのも親譲りかも知れないが、思い立ったからには手に入れたい、パイプと言えばダンヒル、勿論イギリスのパイプ、あの人もそれを持っていたに違いないと、勝手に思ってしまった。

 しかし思っていた以上に値段が高くて、はじめてパイプを持つには高すぎると、それで形こそ同じ様なものを探す事に、色々なパイプを見たがやはり気に入ったものがなく、別の売り場で探す事に、良いもので安いものはないものかと。
 別の売り場では店員さんが色々とパイプの事を教えてくれ、はじめから高いものでは無くて、慣れてから良いものを探せばと教えてくれ、その通りで金もないのに高いパイプを買う事も出来ず、店員さんの勧めで形は良く似たものを探してくれた。DSCN1658.JPG
 それは値段も高くはなく、その上自分の思っていた形であったので、直ぐに買い込んだが、店員さん曰く「パイプは煙草を詰めるのが難しいですよ」と言うので、何処が難しいのか聞いてみた。

 煙草の葉を詰める時、上手く詰めないと火が消えてしまいますと言うのだ、何の事か分からず再時聞く事に、
店員さん曰く、パイプに何でも詰めれば良いわけではなく、上手く詰めないと全く火が付かないと言う事らしい。
 半信半疑で店員さんの勧められたパイプを買い込んで、家に帰って早速煙草の葉を詰めてみて試験し、最初は丁寧に掃除をしてから、教えても貰った通りに煙草の葉を詰め、火を付けてみたが直ぐに消えてしまう、店員さんの言う通りに葉っぱを詰めてみたが、何度やっても直ぐに火が消えてしまい、上手く詰めたつもりだが火が消える。
 それから何度となく繰り返して、やっと火が消えないようになり、成る程店員さんが注意してくれたのが実感として分かったがパイプでタバコを吸う事は、慣れないと簡単には行かない事が、実感として分かり、カッコ良さだけではないと。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177442305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック