2016年11月23日

腕時計

    パティックは幾らするのか


DSCN1766.JPG 私の友人、口の悪い事ではピカイチの男、口は悪いが気立ての良い男であり、親友の一人である。
 彼にかかると友人皆悪態をつかれる事になるが、皆知らん顔をしているのだ、今にはじまった事ではないからだ。
 若い時から付き合っているから、彼の口の悪さは慣れ切っているもので、別に気も止めないのだ。
 知らない人が我々の会話を聞けば、良くあんな事言われて怒らないのかと、確かに人から見ればそう見える。
 しかし我々にしてみれば日常茶飯事、まだまだ良い方であり、酒が入ればもっと悪態をつくことになる。
 そんな彼だが我が家では良い人で通っているのだが、口の悪い事は知っているからだ、しかし気立ての良さも知っており、何時も旨いものを持って来るから。
 昔から子供たちには人気で、良くお土産を貰っており、良い人で通っているから不思議であるのだ。
 DSCN1761.JPGそんな彼が珍しく現れ、果物を持って現れたので、すっさず妻が珍しい事もあるものだと笑顔で迎えている。
 私の好物の柿もチッカリと入っており、流石にこの男の身上、心の中に入り込むのが得意だ。
 こんなところに気を使い、皆から良い人だと言われる所以でもあるのか、この男取り入るのが上手い。
 「今日は何しに来たのか」と言えば、「お前の好物の柿を持って来てやった」と、それも上物の柿だと言うのだ。
 確かに一つづつ紙に包まれている上物の柿、有り難く受け取り、早速柿をむいて食べる事にした。
 貰ったものはその場で食べる、これが私の主義、折角持って来てくれたから、目の前で食べてやらないと。
 そんな友人がわざわざ訪れたと言う事は下心あっての事、何が目的なのか分からないが話を聞いて見る事に。
DSCN1763.JPG 彼曰く、欲しい腕時計があるが、今の相場が知りたいと言う、どんな時計かと聞けば「パティックの腕時計」だと言うのだ。
 何処で見つけて来たのかと聞けば、知り合いが持っていて買わないかと言う事らしい、しかし値段は「あんたが決めろ」と言う事らしい。
 そして本人も気に入ったから買いたいと言うので、今の相場が知りたいと言う、よくよく聞いてみると単なる普通の腕時計。
 パティックと言うだけの事、確かに新品は高いが中古は安い、それを説明して本人に伝え、高い値段で買わないようにと釘を刺しておいた。
 腕時計も色々あるが、特に高級品の中古は買い手が少ない、まして何の変哲もない時計は人気がないので値段も安いと思う。
 ただ本人が気に入っていれば、他人がとやかく言う事はないので、本人次第と言う事になると思う。
 早速ネットで調べたら、ヤッパリ単なるパティックの腕時計は安い値段、人気がイマイチであると思う。
 友人、「中古品とは思っていなかったので良かった」と、そして適当な値段で提示して見ると帰って行った。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177468209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック