2017年06月29日

博物館の裏側

    いろいろあるが

 
SANY2501.JPG 古時計愛好家にとって博物館は良い、数多く見学できるところ、特に古時計が多く展示してある所は又良い。
 全国に時計の博物館はそんなに多くはないが、小さな物を含めればそこそこはあるのだが、展示となると。

 長年古時計を集めていると、その様な博物館には見学に行く事に、勿論私も例外ではない。
 今までに時計の博物館と名の付く所は概、見学したと思うが、北は北海道から九州まで。
 勿論沖縄も行ってはいるが、時計の博物館はなかったと思う、そんなことで全国を見て回ったものだ。

 しかし現在開館している所は少なくなってしまい、閉館に追い込まれ残念な結果となってしまった。
 私の友人も以前2人が資料館的な所を開いていたが、2人とも止SANY2497.JPGめてしまったのである。
 時計の展示をしたいと常々私に相談をしていた2人、「古時計愛好家なら夢ではないか」と熱く語っていた2人。
 私はあまり賛成ではなかったので、2人には「古時計を展示したいと言う気持ちは分かる」と、しかし「中々経営は成り立たないからやめた方が良い」と。
 2人に諭したものだが、2人とも暑い意志は固くて、結果は2人とも借金して資料館を設置した。

 一人はバカデカイ倉庫を借りて開館し、一時は大勢の見学者が訪れたが、3年と持たなかったので、2人に「原因は何か」と聞かれたが。
 夢は夢で終わってしまった方が良いと、2人に言い聞かせたものだが、原因はハッキリしていると思う。

 古時計の博物館を経営するのは非常に難しく、時計単体では見学者が常時訪問しない事だ。
 我々みたいな古時計愛好家なら、遠い所でも見学に行くがSANY0714.JPG、一般の人はわざわざ古時計だけを見に行く人はいないと思う。
 これは私が今まで博物館と名の付く所を見て来ての感想、古時計単体の博物館は経営が苦しいのだ。
 無論個人の所有で開館している所はまだ良いが、店舗を借りての展示は難しいのだと思う。

 良く2人にも、付加価値として「喫茶店やレストランを主体なら」と、そんなことを提案してきた。
 あくまでも古時計はインテリアの一部としての存在で、喫茶が中心にして、付属として見て貰う事。
 愛好家の夢は良く分かるが、幾くら貴重な古時計を展示しても、それだけでは中々見学に来てくれないのだ。
 それが現実であることを認識しないと、結果は難しいことになってしまい、成り立たない事になるのだ。SANY1961.JPG

 古時計単体ではなく、付加価値を付けなくては経営は成り立たないと言う事、古時計の博物館だけではやって行けないのだ。
 その現実をハッキリと分かった上で、古時計の博物館を開くかは自分次第、もう少し冷静に判断する事。
 裏話であるが友人が開いた博物館、入場料は300円であったがそれでも入館者は少なく、隣の喫茶店に入ってしまい、博物館には来なかった。
 300円でも来ないのかと友人が嘆いていたが、コヒーさえあれば隣よりこちらに入る筈と思う、それが分かれ道でもある。









posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177738355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック