2017年05月04日

泥縄の状態

    早いもので5月

 
DSCN0827.JPG 瀬戸の雛巡りが終わったと思えば、もう5月であり、次の準備に取り掛かる事になるが、これまた大変な作業。
 恒例の時の記念日展の始まり、雛巡りの片付けが終わったばかり、一息ついたと思えばもう展示の準備。
 何でこんなに早く回るのかと、月日の経つのは早すぎるが、他の人に言わせれば普通であると言うのだ。

 私だけがこんなに早く月日が経つと思うのは、てんてこ舞いの毎日、あっという間に過ぎて行き、時間が足りないのだ。
 あと10日で時計店の展示をしなければならないから、会員さんから展示品を借りなければならないのだ。SANY4980.JPG
 毎年の事だから会員さんも分かっているが、こちらがアプローチしなければ返事は帰ってこないのだから。

 その都度展示品は会員さんにお願いしているが、こちらがどんなものを展示するか、計画を立てないといけない。
 毎年の事だと思っているが、あっという間に時が過ぎ、落ち着いている場合ではなくなっているのに、計画が立っていない。
 今年はどんな展示にするかイメージすら湧いてこなくて、気ばかり焦っていたら、会員さんから早速の問い合わせ。
 「今年の展示はどんなものになりますか」と、やっぱり来たかと思いつつも、返事が出来ないので、「まだ思案中です」と答える。
 すると「まだ決まっていないのですか、間に合いますか」と、確かにその通りで焦っているのだと言う。
 「ネットには5月14日からと書いてありますけど」と言うので、「勿論それまでには間に合うようにします」と言うしかない。DSCN0846.JPG

 しかし現実は何の計画も出てこなくて、さてさてどうなる事やら、人事みたいに思っていり、自分でも大丈夫かと思う。
 刻々と時間だけは過ぎて行き、日にちは迫って来るし、ついに焦りが立ちだし、良い知恵が浮かんでこない。
 うっすらとカラクリ物を多くやりたいとは思っているが、会員さんにその旨伝えないと集まらないのだ。

 しかも遠方の人だと時間の都合もあり、やっぱり近くの会員さんにお願いするしかなく、その選別をやりだした。
 一番人気のフクロウの時計、この時計を今年のメインにしたいと、今はそんな気持ちでいるが、果たして間に合うのであろうか。
 やっぱり今年も泥縄状態から抜け出せないもので、何時も思うが来年こそは計画的に行いたいと思うが。
 写真は昨年度の展示会の模様、毎年色々な趣向をしているが、中々これといったヒット作はないので頑張らないと。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179624701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック