2018年04月14日

春の祭り

   華やか

 おまつり.jpgこの地方は山車が多い事で有名な場所、名古屋地域は昔から山車が多く造られ、特にカラクリ付きの山車が多い。
 全国的に見てもカラクリの付いた山車の数は日本一、地域によっては全部の山車にカラクリが付いてるところも多い。
 犬山の山車もその一つ、全部の山車にカラクリが付く、その見事さを競い合っているもので町内同士の対抗意識も盛んな所。
 兎に角カラクリの種類と複雑なカラクリが見どころとなっており、それ目当てに多くの観光客が殺到する。
 あちらこちらに山車は存在しており、有名なものは京都の祇園祭の山車、この祭りが全国に広がったものと言われている。

 勿論名古屋地域の山車もそのその流れの内だと言われているが、カラクリは名古屋独特のものが多い。
 これはカラクリ人形師がその一端を担った来た歴史が、名古屋地域にはカラクリ師が多く存在したことに由来する。
 現在のものづくり愛知の元となったものとも言われておSANY6413.JPGりカラクリの技術が発達したものとも言われている位だ。
 この犬山まつりは古く1635年(寛永12年)が最初と言われる位に歴史が古い、当時からカラクリは付いていたとも言われている。
 13台の山車全部にカラクリが付き、町内事にカラクリが違うものが、当然町内同士の競い合いがあったと思われる。
 その為にカラクリは複雑な動きを要求され、町内ごとに見事なものが造られ、祭り当日にその技術と華麗さを競い合ったと言う。
 尾張藩主徳川宗春公が祭りを大々的に奨励したこともあり、名古屋地域の山車は華やかさと共にカラクリが発達したもの。
 名古屋周辺の市町村も多くの山車が存在しており、全国でも珍しく山車の台数は日本一、現在稼働している山車の数は422台、稼働していない山車を数えるとゆうに500台を超すが、写真は上が有松の山車、下が犬山の山車のカラクリ。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182968032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック