2018年07月13日

お盆

   先祖がやって来る

SANY7190.JPG 今日からお盆、昨日から慌ただしく先祖を迎えるための準備を開始、毎年の事だから手順は分かっているのだが、作業が中々進まない。
 別に難しい作業ではないのだが、暑くて作業を進める意欲がわかないだけの事、力仕事もないので気持ちだけの事であるが。
 先祖が帰って来るから大切な行事、昔からの手順で進めればよく、知らない事もないから気力だけの事だが暑い事には変わりない。
 今年の夏は一気に熱くなり、体が準備しないうちに猛暑、梅雨明けと同時に酷暑と来るからついて行けず、気力もやっぱり湧いてない。SANY7196.JPG
 しかし急がないといけないと思い仏壇の掃除から始めるが、これが又面倒な作業、一つ一つ綺麗な布で吹き清めるのだが、数が多い。
 その上、急いでいるからと言って乱暴に扱えなくて慎重にしないと、特に漆塗りのものは気を使わないと傷つけてしまう事にもなる。

 昔からある仏具だけに慎重に扱わなければ、しかしやっぱり部品が多くて作業が思うように進まず、焦り始めるが進めなければ。SANY7172.JPG
 最近の仏壇は部品も少なくなっていると言うが、我が家の仏壇は昔からのもので部品も多く、塗りものも多いようだ。
 金箔の部分は余り磨くと剥げる恐れがあるから慎重を期し、丁寧に磨かないと思いつつ早く仕上げないと作業は終わらない。
 何だ、かんだと言い訳をしながら作業を進め、やっぱり時間はかかったが作業は完了、さて飾りつけをしないと完成しない。
 以前よりは飾りつけも簡素化して、前よりは数も少なくなっているが、やっぱり手を抜くところはそこそこにしてもいい。
 そんな思いをしているが先祖はなんと感じている事やら、「しっかりとせい」と気合を掛けているかも知れないと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183844177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック