2018年12月30日

寒波襲来

   寒暖の差

SANY8761.JPG 今年の天気はどうなっているのか、12月に入っても夏日があるかと思えば、打って変わって年末寒波襲来。
 通年であれば12月に夏日がある訳がないのに今年は所によっては30度近くまで上がった所も、過去そんな天気はなかったと思う。
 地球温暖化が叫ばれている昨今、確かに温度が上昇しているが12月に夏日があるとは信じ難い天気だと感じる。
 日本の気候は温暖化により異常な事になっているようで、過去に例のない状態が続いているよう、この先が不安でもある。
 自分の記憶には師走に半そででなくては暑いと思うる日はなかったと思うし、ある事自体驚きでもある。
 やっぱり今年の天気は異常気象、集中豪雨が何度もあり、その都度災害が起こっている現実、不安な状態であると思う人は多い。
 災害に合われた方にどの様に手をさしのべたら良いのか考え込んでしまう現実、色々な援助の仕方があるだろうけど。
 師走に入り急変する天気、踏んだり蹴ったりの災害地、今年は良い事の少ない年となったしまったようだ。

 29日の雪、我が家でも10センチはつもり、家の前の屋根には白いものが積もっており、暖かかった日は何処へやら。
 その上、今日の天気は帰省する人たちSANY8757.JPGにとっては迷惑な事、どうしても帰らなければならない人に大打撃であろう。
 ましてや急いでいる時に追い打ちをかけるとは天気も情けがない、どちらに捌け口を求めようにもどう仕様もない。
 特に新幹線は雪に弱くて、帰省する人には不安材料だらけ、明日も寒波は居座ると言う、交通網が乱れなければ良いが。
 雪の中安全に帰省して欲しいと願っている、故郷に無事付けるようにと、待つ人達もやはり不安であろう。
 今年も色々な事があったが、来年が良い年になる事を願わざろう得ないが、果たして良い年になるだろうか。
 そんな思いでこの師走を過ごしているが、正月が無事過ぎてくれることを祈るしかないと、そんな思いになる今日である。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185282449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック