2019年02月10日

雛巡り

   今年で13年

 SANY9040.JPG瀬戸市で毎年行われている瀬戸の雛巡り、私が参加してから既に13年になってしまい、月日の流れるのも早いと感じる。
 初めて参加した時はまさかこんなに長く続くとは思ってもみなかったし、また続けようとも思わなかった。
 軽い気持ちで展示を引き受け、自分でも不思議に思っていたが知らず知らずに13年が経過してしまった。
 毎年思う事だが展示内容に気を使いすぎ、こんな思いをするのであれ来年はやめようと、そんな思いになっていた。
 自分の体力を考えればすでに止めていて当たり前、年々体力と根気が無くなって来るから、それに腰を痛めてから尚更の事。
 展示には気力も大事だがやはり体力が一番必要で、重い箱を出し入れするのは大変な事でもある。
 勿論古い雛人形であり、乱暴に扱えば壊れる事に、その為に神経も使わなくてはならず、その上スタッフにも気を遣う。
 手伝って貰わなければ一人では展示は出来ず、それも心の負担になり、気を遣いすぎて負担になる事にも。
 そんな事で今年も何だかんだと言いながら展示が完了、しかし今年ほど切羽詰まった事は今までになく、心配の連続であった。SANY9032.JPG

 私のスケジュールと先方の間でうまく合わず、時間ばかり費やして展示が進まず、開催前日まで準備に費やして四苦八苦。
 やっとの思いで完成されたのが2月1日、2日から雛巡りが開催されるから綱渡りも良いとこ、滑り込みセーフと言ったところ。
 その上享保雛は今年は展示しないと思っていたが、何だかんだで結局展示する事に、みんなの希望が優先された。
 私としては今年は展示しないと決めていたのだが、是非展示して欲しいとの要望に押されて、昨年の展示の際エアコンの利き過ぎで屏風が破損してしまい、今年は展示出来ない位のダメージを受けたから。
 享保雛も当然の事ダメージを受けている筈、やはり展示は慎重に行わないと破損の原因となる。
 そんな心配も今は進行している雛巡り、終わるまでは先送りになるだろうと思いつつ今日も過ぎて行く。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185465568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック