2019年06月03日

HOゲージ

   懐かしい
SANY0021.JPG 知人から、「こんなものが出て来た」と持って来られたのがHOゲージの玩具、昔懐かしいものだった。
 何でも家を整理していたら、押し入れの奥から出て来たが要らないから貰ってくれと言う、見れば見覚えのあるものであった。
 自分も昔遊んだことのあるもので、見たとたんに欲しいと思ってしまい、その場で見る事にしたのだが、何だか部品が少くないと思った。
 一つ一つ部品のチェックを始めると、「動くかどうかも分からないぞ」と言い、40数年も使ってないからなと言うのだ。
 確かに持って来たものは時代物のH0ゲージ、それもドイツ物のメルクリン製のもの、当時は高かったものだと思う、私も欲しかったが値段が高くて手が出せなくて、国産のものを持っていたが、やっぱりドイツ物は良いものだ、迫力があると思う。

 私の顔を見て知人、「あまり期待するな、動かなSANY0027.JPGいかも知れないから」と念を押すが、始めから動くとも思っていないし、期待もしていないと答えたが、腹ではひょっとして動くかも知れないと、そんな気持ちで並べてみたら、動力車がまずないの気付き、「先頭車両がないぞ」と言えば、「壊れてしまい前からナイ」と即座に答える。
 やっぱりかと腹で思い、尚も他を検査すると思っていたよりも部品が足りない、足りないと言うよりも無くなってしまったのだと言う、期待が段々とすぼみ現実につれ戻される。
 結果はコントローラーも壊れており、線路も全部はなく、先頭車もない状態、知人「完全なものでない筈」当時から無くなっていたとも付け加え、揃っている方がおかしいと。
 確かにその通りで、完全に揃っていたら奴が持って来ない筈、持ってきたと言う事は要らないから持ってきたのだ、要らなければ捨てろと知人、その様に言われると捨てる訳にも行かず、何とかして動かせればよいと思ってしまった。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186027953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック