2019年08月23日

議題は茶碗

   話題が茶碗

 何SANY0740.JPG時ものFMラジオ、地元の放送に参加して早13年、知らないうちに時が経ってしまい、自分でも信じられない位だ。
 はじめは気楽に放送に参加していたが、友人が「お前気お付けて発言しないとダメだぞ」と忠告してくれ、放送は誰が聴いているのか分からない、間違ったことを言えば大変な事になると。
 公共放送の恐ろしさ、間違えは許されない事は承知しているが、そこは素人全体に気が付かないことだらけ、それともう一つは生番組だから訂正はきかないので、慎重な物言いでなければ失敗をすることになる。
 ラジオとは恐ろしいもので、誰が聴いているのか分からないから尚更の事、ベテランの女子アナと会話はするが、目の前で手で慎重にと合図が来る。
 勿論番組が始まる前に少しは打ち合わせもするが、何時もぶっつけ本番、やはり何が起こるか分からない、それも自分のせいで起こる事に。
 以前は放送禁止言葉も頭に入れはいたが、つい口走ってしまう事も、そんな時はアナがうまくホローしてくれる事に、それで後で気付き焦る事屡々、頼れるのはベテランアナだけ。
 はじめの頃はそんな事を繰り返していたが、何回かやるうちに次第に気が回る事に、しかしそこは素人、失敗はつきものやはりラジオは怖い。
SANY0744.JPG

 何だかんだで現在まで来てしまい、今だに失敗する事も、今回は得意な焼き物の話、時計と同時に焼き物も得意、下調べは充分したつもりだがボロも出る事に。
 今日も話している途中で他事を考えてしまい、茶碗の時代が途中で出なくなり、高橋アナに手で合図、「繋いでくれ」と、流石はベテラン何にもなかったように繋いでくれ、その間に年数を思い出す始末。
 何年経っても失敗をするが、経験が多いせいか慌てず思い出し、直ぐに話の続きに入り事なきを得る、これも又経験の賜物。
 今日の話は九代楽吉左エ門の茶碗と九代坂高麗在衛門の茶碗の話、勿論親父のコレクション、同じ九代同士の作、了入と高麗在衛門の茶碗、伝世品の良い茶碗だ、歴代の話の中、その楽吉左エ門の二代常慶の年代を忘れ、話が途切れた。
 自分では忘れず筈はないと思っていたが、チョット他所事をつい考えてとっさに出なくなり、助けを求める事になってしまった。





posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186438706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック