2019年09月02日

ちょっとした

   軽い気持ちで

 私がブログを始めた切っ掛けはSANY0763.JPGチョットしたはずみ、友人がブログ自慢をしていた時、偶然に友人にブログとは何だと聞いた。
 友人ニコリと私の顔を見、「お前ブログを知らないな」と、確かに私はブログなるものを、その時は知らなかったから知らないと答えた。
 すると友人、「ブログ位やってみろ」とけしかける様に私に言い、簡単だからやってみろと言い出したので、友人の挑発に簡単ならやってやると言ってしまった。
 しかしその時もブログが何だか分かっていなくて、だ大事でやってやると思っただけの事、それが大変な事になるとは思っても居なかった。
 ブログの意味を教えて貰ってから、こんなにメンドクサイ作業をしなくてはならないものとは思ってもみなかった。
 まず自分のブログページを開設しなくてはならず、それも自分ではできなくて友人任せ、面倒な作業は彼が全部やったのは当然の事。
 彼曰く「何で俺がやらなきゃならないのか」とブツブツと言いながら、ブログを開設、しかしそれからが大変であった、レイアウトをどうすれば良いのかも分からず、結果友人任せ。

 開設されたページをどんな内容で埋めるのか、友SANY0772.JPG人に聞けば「俺に聞くな」と一言、そんな事はで俺が知るかとそっけない。
 彼にしてみれば私にブログをけしかけた手前引くに引けず、一応開設から書き込みまでは教えてくれたが、その先は自分でやれと。
 確かに意地でブログを開設、簡単にやれると思っていたが、続けるのにこんなに苦労するとは夢にも思わず、後悔が先に立ちだした。
 それでも最初は意地もあり、何とか記事は書き出したが中々進まず、どんなものを書くのかも決まらず思いのまま書いていた。
 友人からも、もっとましな文章書いたら共嫌みも言われ、頭にきたが読み返してみると言われたと通りの文章、これではダメだと悟りそれから努力はしてみた。
 毎日、毎日書く事により、少しは成長したと思っても、友人たちは厳しかったので止める訳にも行かなかった。
 そんな事で続けてハタと気付けば、2500回を越していたので自分ながらビックリ、良くも続いたものだと思う。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186464144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック