2019年09月21日

オークション

   恒例の行事

 日本古時計保存協会の恒例のミーティーング、協会では3か月に1回定期的に開催しているが、今回は9月の定例会議、今回も浜松の平野支部長の事務所での開催SANY0938.JPG
 今回はオークションの古時計が多く出品されると会員さんがはじめから古時計を物色、どれが良いのか見定めに真剣な態度。
 出品された古時計の中には会員で亡くなられた方の奥さんが出品され、数も多いが良い古時計が沢山あったので目移りがしたはず。
 何時もやっているオークションだが、種類と言い、数と言い、大量に出品されているので物色に忙しい会員さん達だ。
 毎回出品される古時計は当然会員さんが集めたもの、その中から会員さんが持参してオークションに出品、それぞれの好みもあるがやはり種類が多い事。
 掛時計もあれば置時計もあり、はたまた懐中時計もありと種類も豊富、当然の事会員さんが集めたものだから、見る方も目が肥えている。
 私も2つ以上同じ古時計があるものはオークションに今まで出品しており、数々の古時計が落札されたが、珍品も多く出した。

 勿論会員さんの要望があり、変わった古時計が欲しいと言われるが、中々手放せないもので出品に躊躇もする。
 しかし古時計を求める気持ちは自分自身が一番よく知っており、会員さんなら大事にしてくれるからと珍品も多く出してきた。
 そんな事もあり当然、あれも欲しい、これも欲しいと感じてしまい、目移りがしているように思う、確かに数が多い出品、それも会員さんが亡くなられての出品、全部売りたいとの意思、そんな事も今回のオークションが何時もと違っていた。
 結果は意思を尊重して全部出品物は完売、参加した会員さんも満足な古時計を手に入れられ、何台も購入された会員さんもいて、手に入れたものの品評会も後で開催。
 それぞれに手に入れたものを見せ合い、楽しいオークションと相成り、会員さんの笑顔があちこちで見受けられ、楽しいオークションとなった。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186578956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック