2019年11月22日

この時期

   今年初めて 

 この時期になるSANY0953.JPGと決まってはじまるのが自然薯掘り、天然の山芋を求めて山を巡り歩く人たち、自然薯を探しているのだ。
 最近は天然の自然薯は少なくなり、中々見つからないものになってしまった様、そして市場では高値で売買されているから尚更だ。
 天然の山芋は少なくとも3年以上経たないと美味しくないもので、太くもならないが人に取られてしまいうからと掘り出してしまう。
 そして取る事はすれど後の処置して行かない人ばかり、山芋を掘った後は山芋の頭を少し残し穴は埋めるのが当たり前、そんな事もしない人が最近は多くいる。
 ましてや人の山に入って盗掘をしている人も多く、マナーを守らないものが多いのも最近の事だと言う、全くどうなってしまったのか。
 高値で売れるから盗掘を繰り返し、マナーを守らず掘り返すから、その後山芋は芽を出す作業しないため育たず段々と姿を消しているのが現状だと言う。

 そんな状況の中、友人の山で育った自然薯が家に届SANY0954.JPGいた、毎年自然薯を頼んでいるので時期になると手に入り、食するのが習わしみたいになっている。
 以前は友人の山に自然薯を掘りに行ったが今は歳で掘るのは出来ないから、友人任せにしており、食べるだけの今日この頃である。
 天然の自然薯は市販されている畑の栽培自然薯とは違い、粘りも味もそして香りも全く別物、それが天然の自然薯だ。
 只食べるだけとは言え、簡単に自然薯が食べれるはずはなく、時間をかけてユックリと摩り下ろさなければならないからだ。
 きめ細かく摩り下ろさないと自然薯は美味しくならないし、のど越しが良くないもの、だから摩り下ろした自然薯を時間かけてすり鉢でする事、これが大変だが旨いものを食べるには、この方法が一番なのだから慌てず摩り下ろす。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186821968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック