2019年12月27日

今年最後

   自然薯

 我が家は自然薯が好きで暮れから正月にかけて食べるのが通SANY1749.JPG例となっているが、他の人に言わせると何で自然薯かと言うのだ。
 たしかに何故自然薯かと言うと我が家は親父の代から自然薯を食べて来たが、私も子供の頃から親父に教えられ自然薯の作り方を教わった。
 勿論自然の芋、親父と自然薯を山に取りにも行った事も多く、取って来たものは当然の事暮れから正月にかけて食べていたものだ。
 この地方では秋には自然薯を食べる風習があり、各家庭でも食べていたから、我が家だけ特別なものではない。
 しかし昨今家庭ではあまり食べないよう、それは天然の自然薯が極端に少なくなったから、その上天然の芋はマツタケと同じようにねだんが高騰したからだ。
 高い自然薯を敢えて買い込んで食べなくとも良いと思う人が増え、今では家庭で食べる事も少なく、店で食べるだけと言う人が多くなった。
 しかし自然薯を嫌いになった訳ではなく、単に値段が高いからと言う事、それ位に天然の自然薯は少なくなった。

 そんな自然薯も畑で栽培されたものが市場に出回SANY1744.JPGり、天然と比べれば味も香りも落ちるが、手に入り易くなったことは確か、量も多くなった。
 我が家は天然の自然薯が届くからその点では幸せ、友人は持つべきであると痛感、自然薯は天然に限ると思っている。
 それを可能にしているのは友人の努力の賜物と、感謝しつつ今日も自然薯を食べる事になるが、その為には自分で努力しないと食べれない。
 親父仕込みの自然薯を摩り下ろすところから始め、時間をかけて摩り下ろして行き、出汁の利いた汁で少し薄めるが、その薄め方にも拘る。
 親父もそうであったように私もこれに拘り、兎に角よく摩り下ろし、時間がかかるのは当たり前であるが、それか自然薯を食べると言う事だと思っている。
 この地方の人は天然の自然薯は山よりの贈り物と思っていて、今日も何処かの家で自然薯を摩り下ろしていることだろう。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186875931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック