2020年09月24日

象嵌

   木象嵌
 古時計にはいろいろな種類が存在しており、それが又古時計を蒐集しようとすDSCN1330.JPGる人が増える要因、好き好きにより集めるものが違う事になる。
 その人の好みにより当然集めるものが違い、同じ掛時計を集めていても、八角型の時計、達磨型の時計、スリゲル型の時計、大型の時計、小型な時計、と種類は様々。
 同じ掛時計でもこれだけ分かれる事になり、種類が多い事が実感できると思うが、これはまだほんの一部分、製造メーカーの違いと国産か外国産かに分かれる事に、またまた細かく分かれる。
 ある人は精工舎しか集めない人も、その中には6インチの琺瑯文字盤しか集めない人も居て、同じ成功者を集めていても又分かれる事になる。
 古時計が奥が深いと言う事はこの事、6インチだけ集めようとしても、数が多くて中々全部集める事は難しく、集めれば集めるだけ奥の深さをつくづくと感じる事にもなる。

 ある人が古時計を見て論議が始まっている所に出DSCN1311.JPG会い、仲間に入れられ、意見を聞きたいとの事だが、何の事やらと思いつつ話の中に入る事に。
 よくよく聞けば古時計の模様にある事に気が付き、彼らの意見が2つに分かれている事も分かったので、うかつに意見を言えないと思った。
 目の前に置いてある古時計の模様に論議が集中、それは描いている模様だと言う人と、木が埋め込まれているのだと言う人、2つの意見が論議のもと、私にどちらが正解かと意見が聴いているのだ。
 その時計はアメリカ製の象嵌が施されている時計、明治以前に製造されたアメリカ製の時計、時計本体に木象嵌が入れてある。
 間違いなく木の部品を嵌め込まれているもので、木象嵌と言い手間のかかる模様つくりをしたもの、描いている模様ではないが、あまり強く否定しても間違っている人に失礼だから、やんわりと説明する事にした。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186928108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック