2019年12月24日

忘年会

   何時ものメンバー

 毎年この時期になると誰とはなしに呑む話ばかり、SANY2472.JPG別に酒に困っている訳でもないのに、やたらと電話が入るのだ。
 話は分かっているが誰が音頭をとるか、それが問題でやたらと電話ばかりかかる、結果ははじめに呑むことを話したものがセッティングする事になる。
 それをしたくないから電話で誘いをかけるのだが、そんな事は百も承知しており、誰もその話に乗らない、しかしつい誘いに乗って自分がセットする羽目になった。
 何度も電話してくるから、うるさくて結果は根気負け、宿を探さなければならず、何時も使う宿に電話をしたが満員との事。
 奴らもそれを見越しての事でこちらに押し付けて来たのだが、こちらが弱気になったのが運の尽き、宿探しに専念する事になる。
 どうせ呑むだけの事だから宿はそこそこで良いが、そのそこそこが見つからないので四苦八苦、結果は良く研修会で使った宿、只風呂に入って寝るだけの宿。

 場所を奴らに教えると「何処でも良い寝るだSANY2476.JPGけだけだから」と、確かに何時もの事で呑んで寝るだけだが、やはり料理も良い方がと思う。
 しかしこの宿は研修会用の宿、何時もの定食が出るだけ、それでも良いから集まると言う、何でそこまで呑みたいのかと思うが、これも忘年会と割り切る事に。
 問題は酒をどんなものにするかだ、持ち込みは可能だから、個人、個人で持ち寄れは事足りるので好きな酒を持って来るように連絡する。
 すると奴らから「お前の所にある酒を持ってきたら」と、皆が前から目を付けている酒をもってこいとの事だ、奴らはそれを目的で私にワザと宿を取らせ、その酒を呑むために仕掛けた事かと、奴らの罠にはまったと感じたが後の祭り。
 結局奴らの思う壺で私を幹事にして、その酒を呑むたくらみ、まんまと奴らの策にハマり酒まで取られるとは自分なりに情けないと思った事か。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186932398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック