2020年02月11日

暖冬

   今年は変
 毎年の事だが年々暖かくなっていると感じているが、去年から今年にかけて様子が変、気候変動のために日本の気候もくるって来ている様だ。
 寒の入りだと言うのに雪も降らず、3月から4月の気候と言うから、気候がおかしくなっている証拠でもある。本らか中1年で一番寒い時、それがどうだろうか雪が降るどころかホカホカ陽気、桜も狂い咲きしていると言う事だ。
 雪国でも100年に一度の気候変化、スキー場に雪が降らず観光客は訪れず、商売あがったりと気の毒な状況だと言うのだ。
 幾らなんでもスキー場に雪が無ければ滑れないし、暖かくて人工雪も出来ず、この先どうなるのか神のみぞ知ると言う事か。
 私も温泉に入りに長野に行こうと思って、長野の宿に連絡をしたけれど雪が全くなく、お手上げの状態、それでも良ければおいで下さいとの事。
 雪見風呂と洒落込んでみたが、雪が無ければ風情はなく、雪国まで行く事はないので諦め、近くの温泉施設スパー銭湯に行くしかない。

 今年は暖冬と前から言われていたけれども、こんなに暖かいとは思ってもみなかったが、確かに暖かく、3月から4月の陽気だと言う事だ。
 今年は2月の10日になって初めての雪、記録的な遅さと言い、観測以来最も遅い初雪だと言う、その上明日から又暖かくなると予測されているようだ。
 暖冬で経済もおかしくなっている様、冬美のがさっぱり売れないと言うが、確かに寒さを感じる時がなく、季節としては良いかも知れないが、経済の影響を考えると複雑。
 景気が早く上向きにならないと、我々の生活も良くならず、低迷が続くようでは令和になったも心配の種、やはり冬は寒くなければ冬ではなく、四季がハッキリと分かれるようになって欲しいもの、
寒くてこそ冬の季節である。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187120214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック