2020年02月13日

ブリキの玩具

   飛行機
 ブリキの玩具、最近はあまり見かけなくSANY0462.JPGなってしまったが探せばまだあると思う、それも古いものではなく昭和40年代ものならまだまだある。
 古いものを探そうと思うと高くて手が出ないが、40年代のブリキの玩具、この時代からプラスチックが多くなりつつあり、混合になったものもある。
 つまり一部がプラスチックに変更されているもの、例えば車輪であったり、プロペラであったり、人間の顔であったりとプラスチックが使われている。
 この時代から混合が多く出回り、全部ブリキで出来ているものは少なくなって行き、その後のものはプラスチックに移行されてしまう。
 古いものはタイヤはゴム製品を使用していたが、これもプラスチックに変更され、趣も少し違ったものになってしまったが、それでも全部プラスチックよりもマシ、少し譲歩すればよい。
 何が何でもブリキと決めている人は別のとして、ムードだけでもと思えば妥協する事も出来、この範囲なら安くて良いものが手に入る。
SANY9486.JPG
 写真のブリキの飛行機、40年代のもの、車輪はまだゴムがつけられているが、プロペラはプラスチックに変更されているもの、この時代のものはプラスチックの部分が欠損している場合が多く、良く見て買わないと失敗する。
 安いからと言って良く見ないで買わない事だ、ついつい安いと良く見ないで買い込み、後から気が付いても失敗するから、飛び付いて買わない事。
 私も良く慌てて買い込んで後でやられたと思う事も、自分のせいなのに人にせいにしたいと思う心がなさけない、自己責任だ。
 この時代のものは箱も程度が良く残されているものが多いから、ジックリと探せばよいものに出会う、良いものを選んで買えばよい。
 やっぱり慌てない事が一番、ジックリと見極めてから買い込む事、それも足で稼げばまだまだ見つかるから、努力する事をお勧めする。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187128302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック